弥吉淳二 椎名林檎の元夫(Wiki画像)入院先で死因は膀胱癌か,aikoギター担当

「やよっしー」こと、病気療養中だったギタリストの弥吉淳二(やよし じゅんじ)さんが、26日午後9時31分に入院先の病院で死去Wikipedia(ウィキペデャア)プロフィールによれば、弥吉淳二さんは、東京事変で有名な椎名林檎さんの元夫で、吉川晃司、aiko、つばき、yokoloco、モスキート、植村花菜、間慎太郎などをサポートするバックバンドでギターを担当。実は、前々から病気で入院しており、死因は膀胱癌と言われていますが、病気や病名はなんだったのでしょうか。

スポンサーリンク



弥吉淳二さんのWikiプロフィール

弥吉淳二さんには、Wikipedia(ウィキペデャア)プロフィールがないのですが、
プロフィールや略歴は下記のようになります。

・名前:弥吉淳二(やよし じゅんじ)さん
・生年月日:1968年5月17日生
・血液型:B型
・享年:49歳
・出身:福岡県
・血液型:B型

弥吉淳二さんの主な経歴と活動|“虐待グリコゲン”のギタリスト

・バンド名と職業:椎名林檎のソロ活動とは別に組んでいた「下克上エクスタシー」(2000年)ツアーバンド“虐待グリコゲン”のギタリスト。主に、椎名林檎、吉川晃司、aiko、つばき、yokoloco、モスキート、植村花菜、間慎太郎などでサポート活動を行っていました。

その時の、動画がありました。

弥吉淳二さんは、東京事変の椎名林檎と結婚し、子供ができるが離婚していた

弥吉淳二さんは、東京事変の椎名林檎さんと結婚し、離婚しています。

バンド東京事変を一緒にやっていたことがきっかけで結婚するのですが。


【椎名林檎】子供への思いと弥吉淳二との離婚

2000年11月25日 東京事変で有名な椎名林檎さんと結婚
2001年1月29日、公式HPで妊娠5ヶ月を発表
2001年7月12日、子供(息子)を出産
2002年1月、椎名林檎さんが親権を引き取り離婚届を提出
2002年3月、椎名林檎さんが芸能活動再開を発表

子供を出産するも、離婚。

離婚に際して、生まれた子供(長男)は椎名林檎さんが引き取ります。

椎名林檎は再婚し、第二子も出産していた!お相手は、映像ディレクター・児玉裕一氏

なお、みなさんご存知の方も多いと思いますが、2002年9月、椎名林檎さんは離婚が成立するのを待って11月に入籍しています。再婚相手は、子供の父親は、自身がボーカルを務めたバンド「東京事変」のミュージックビデオを手掛けた映像ディレクター・児玉裕一氏。

 

 

二人が出会った当初、児玉裕一は既婚者だったことから、離婚の原因は、児玉裕一氏との略奪婚ではないかと言われました。

そして、2013年春、一部女性誌が、椎名林檎さんが第二子を極秘出産していたと報道し、話題になりました。子供の父親は、児玉裕一氏。

週刊誌によれば、2013年春椎名林檎さんは、事実婚状態である児玉裕一氏と半同居生活中としていました。そして、その年の8月下旬に椎名林檎さんと思われる女性と一緒に歩く男性、少年、赤ちゃん、ベビーカーを押す女性の写真を掲載。同誌に直撃された女性は「人違いです」と答え、「椎名林檎」であることを否定したと言います。

 

音楽関係者によると、闘病中も積極的に音楽活動を続けていたということで、ファンにとっては、かなりショックな日になったことでしょう。

続報が入り次第、お伝えします。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください