米倉久邦 結婚した嫁A子赤坂料亭女将の画像や名前は?お店はどこ?

「司会者のあなたの発言で、日大のブランドが落ちてしまうかもしれません!」「落ちません!」と激高し、記者一同の笑いを誘った司会者が話題となった。

日大アメフト部「フェニックス」の”悪質タックル問題”で、内田正人前監督と井上奨コーチが5月23日、都内で約2時間の緊急会見を開いた際に、司会を務めていたのは、日大広報部顧問・米倉 久邦(よねくら ひさくに)氏。

かつて共同通信社で敏腕記者ぶりに、早稲田大学卒業といわゆる”エリート”な経歴を持つ上に、ハンサム。きっぷもよくてかなり女性にモテるタイプと評判も上々。

彼について、31日(木)発売の「週刊文春」では、結婚した元嫁が、記者時代、札幌五輪の取材を通じて出会ったスピードスケートの日本代表選手だったこと。そして、彼女と死別後は、赤坂で政治家ご用達の高級料亭を経営していたとされるA子さんとの再婚を報じています。

元嫁の五輪代表って誰(名前や顔画像は?)

現在の嫁A子さん(名前や顔画像は?)経営する赤坂料亭ってどこ?

ブチ切れ記者会見 司会者こそ永久除名?

5月29日関東学生アメリカンフットボール連盟の幹部らが、臨時理事会で、内田正人前監督と井上奨元コーチが反則を指示したと認定。記者会見で、虚偽証言もしたとして2人を罰則規定で最も重く永久追放に相当する除名処分にするとは発表した。

2人は、5月23日の記者会見で指示については否定していたが、この時の記者会見で話題となったのが、司会者・米倉久邦氏である。

「司会者のあなたの発言で、日大のブランドが落ちてしまうかもしれません!」と声を上げると、米倉久邦氏「落ちません!」と激高。「余計なこと言わないでください」と述べると、報道陣からは大きな笑いが起きた。(参考元:J-CASTニュース

スポンサーリンク



 

米倉 久邦(よねくら ひさくに)プロフィール(経歴、高校、大学)

1942年東京生まれ。1968年早稲田大学卒、共同通信に入社。ワシントン特派員、経済部長、ニュースセンター長、論説委員長などを経て客員論説委員に就任。現在は、フリージャーナリストを経て、現在日本大学企画広報部職員を務める。

高校、大学時代に山に親しみ、50代後半から山行を再開。2004年12月日本百名山を踏破。日本山岳会会員、森林インストラクター、東京スキー山岳会会員。著書に『そうだ、山へ登ろう!――森林インストラクターになっちゃった』『森のチカラ――日本の森林再生プロジェクト』(共に三五館)など。(参考元:週刊新潮)

結婚した元嫁の五輪代表って誰(名前や顔画像は?)

札幌五輪に出場していたスピードスケート女子日本代表選手は下記の通りです。

有力な説としては、下記のツイッターの投稿にもあるように、米倉久邦氏の元嫁は斎藤幸子さん説です。

米倉久邦の元嫁は、斎藤幸子さん

名前:斎藤 幸子(さいとう さちこ)

生年月日:1947年1月15日 -2000年7月26日 )
出身:広島県
  • 東洋大学在学時の1968年グルノーブルオリンピックでは500m途中棄権、1000m26位、1500m18位。
  • 三協精機入社後の札幌オリンピックでは500m9位、1000m18位だった。
  • 全日本スピードスケート選手権大会では第33回、第37回、第38回、第40回と4度総合優勝。

(参考元:ウィキペディア)

札幌五輪 スピードスケート女子日本代表選手  選手名簿

米倉久邦氏の現在の嫁A子さん(名前や顔画像は?)

A子さんについては、

  • 結婚前、北新地で働いていた
  • 関西の財界人にも顔が広かった
  • 赤坂で政治家ご用達の高級料亭を経営していた

ことなどがわかっていますが、これ以上の情報がなく、特定ができていません。

経営する赤坂料亭ってどこ?

また、経営する料亭というのは、大物政治家も利用する場所とされていますが、こちらも特定はできませんでした。

続報が入り次第、お伝えします。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください