世にも奇妙な物語 2018 秋|感想・結末ネタバレ「クリスマスの怪物」

『世にも奇妙な物語 2018 秋(11/10放送回)』川栄李奈さん主演のホラー「クリスマスの怪物」視聴した感想について書いています。ネタバレを大いに含みますので、注意!

スポンサーリンク




あらすじ

クリスマスイブが近づき、恋人で、IT企業社長の緒方良輔にすてきなホテルディナーを予約してもらった主人公の小野寺奈央は、その日良輔からのプロポーズを期待している。気がかりはクリスマスイブになると必ず現れる、不気味な装いの“怪物”の存在。

ボロボロのコートを羽織り、背中が大きく曲がっている醜い姿の“怪物”。ボサボサの髪に覆われているため表情は見えない。この“怪物”は、7年前に起きたある事件を境に、クリスマスイブになると奈央の前に必ず現れるようになった。忘れられないすてきな一日になるはずのクリスマスイブ当日。ディナーを終えた奈央の目の前にその“怪物”が現れて―。

結末までネタバレ

物語の主人公・奈央は、次のクリスマスのデートで恋人の良輔からのプロポーズを待っている。けれど奈央には心配なことがあった。それは毎年クリスマスになると奈央の前に現れる、何者かは分からない『怪物』。

そのせいで奈央は幸せな筈のデートなのに、心のどこかで不安な気持ちを抱えている。ディナーの途中で奈央の心を過った『幼馴染み』。


それは合唱部で歌が上手で、心ならずも奈央がいじめに荷担してしまった子。いじめは段々とエスカレートしていくが、奈央はそれを止めることができなかった。

奈央がずっと苦手だった12月24日。それはいじめの主導者だった美晴に言われるまま幼馴染みを衆人の前で恥をかかせてしまったからだった。

その結果、幼馴染みは自殺未遂、学校も退学になってしまった。

その後奈央はは毎年クリスマスイブになるとその幼馴染みと偶然出会ってしまうのだが、それを「友人が~」と、言葉をボカして良輔に話す奈央。それを聞いた良輔は「それは神様が謝るチャンスを与えてるんじゃないのかな」と話すが、奈央はそれを笑ってしまう。

食事を終えて先に部屋に向かおうとした奈央の前に杖をついた姿の『怪人』が現れる。追いかけてくる『怪人』から屋上に逃げてきた奈央は、『怪人』の首を絞める。

そこにやって来た良輔は、一転して助けを求める奈央に「僕は君に悔い改めてほしかったんだよ」。

良輔は、奈央が幼馴染みを追い詰めたことを知っていた。

そして「美晴はもう罰を受けた」と。

奈央が首を絞めた『怪人』は、美晴だった。「僕は毎年プレゼントをあげていたじゃないか。ただし、良いものばかりとは限らないよ」と良輔。

「私は関係ない」最後までそう言っていた奈央は、屋上から落ちてしまう。

スポンサーリンク




感想

毎年クリスマスイブに現れる怪物の正体が得体のしれないものではなく生身の人間でイジメを苦に自殺したクラスメイトだったというところにゾッとしました

イジメ問題は現実でも自殺を誘発するような深刻なケースがよくあるのでかなりリアリティがあったと思います

こういうトラブルがあると必ずイジメられるほうにも原因があるとかイジメる人間が悪いとか水掛け論になってしまいますが

当事者よりも見て見ぬふりをしてやり過ごす周りの傍観者が一番タチが悪いんじゃないかと思います

結局良輔の正体が何なのかわかりませんでしたが彼が言ったように最後まで自分が犯した罪に気づきもせずあくまで友達の話だと他人事のように振る舞っていた奈央の図太さが一番怖いと思いました

死んだクラスメイトのストーキングかと思いきや呪いのようにその怪物の姿が連鎖していくという結末にまたゾクッとさせられました

因果応報という言葉がぴったりな作品だったと思います

よにも奇妙な物語はいつも楽しみにみています

今回の川栄さん主演の回は学生の友達がいじめをしていてその友達と仲良くしていてやり過ぎじゃないと思っていたけど友達を優先してしまう

クリスマスになるとボロボロの服を着た顔も怖い人なのですがなんだかわからないものが見えてしまという

友達に嫌な事をさせて笑って見ていて次の日その子は飛び降りしてしまい命は助かったものの後遺症が残ってしまい

真っ赤なお鼻のトナカイさんはと歌いながら前に立ってるその友達を怖がるようになり恋人とホテルに行った時に廊下に髪はボサボサ洋服はぼろぼろの友達が立っていました

題名にもあるように怪物のようになっていてその子が出でくるので時の音が凄く怖くて冷やっとしました

怖さのあまり首を締めてしまうそこを彼にみられて悔い改めて欲しかったと言われるそれは一緒にいじめていた友達でした

屋上から転落してしまう反省していなかった罰という事で落とされてしまうなんか不思議な話でした

スポンサーリンク




スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください