座間 被害者の名前・身元特定へ前進:埼玉県JKや主婦”共通点”は?

SPONSORED LINK



神奈川県座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかった事件。死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、これまで知人のカップルを殺害し、その後は名前も知らない女性を8人暴行し殺害。被害者のうち4人は10代後半である事がわかっていましたが、その後の調査でゴミに捨てたと供述していた被害者のバックやカードなど所持品が発見され、名前など身元特定につながる手がかりと見て、警視庁は家族から試料の提供を受けてDNA型鑑定を進めていることがわかりました。中には、埼玉県在住の女子高生もいるということです。被害者の共通点とは?

スポンサーリンク



座間9遺体殺人事件、被害者の名前・身元特定へ前進!捨てたはずの遺留物が・・・

神奈川県座間市のアパートで切断された9人の遺体が見つかった事件。死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者は、事件の時期について「最初に知人のカップルを殺害した」「8月に1人、9月に4人、10月に4人を殺害した」という趣旨の供述をしており、8月から10月までの約2ヶ月間で週一のペースで同意を得ずに、9人を殺害していたことがわかっています。

また、犯行の動機は、「金銭や乱暴目的だった」とも供述しており、睡眠薬などで抵抗できなくしたうえで殺害していたとみられています。

被害者については、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のツイッターで知り合った自殺願望のある女性を狙い、一緒に自殺することや、「友人になろう」「恋人になろう」などと提案。(参考元:読売新聞

自宅に連れ込み、ロフトでの首吊りなど(正確には、一部の女性には精神安定剤や酒を飲ませて、くつろいでいるところを絞首し、気絶させ、ロフトの下まで運び、首をかけたと見られています。)の手法で殺害したことなどがわかっていますが、白石隆浩容疑者は「被害者の名前は知らない」また「現金以外の被害者の所持品は家庭ゴミに捨てた」と説明していました。

(参考元:日テレニュース

しかし、実際には現場から、女性物のバッグからキャッシュカードなど身元特定につながる所持品が見つかったことがわかりました。警視庁は家族から試料の提供を受けてDNA型鑑定を進めているということです。

また、これまでの捜査で、事件を受けて家族から問い合わせがあった行方不明者や、既に行方不明届が出されていた人の中に、現場周辺で足取りが途絶えた可能性のある女性が複数いることも判明しています。


(出典元:11月5日読売新聞朝刊

警視庁は、こうした行方不明者の足取りと所持品などから具体的な身元特定に向け、作業を進めているところです。事件全容解明まで、今しばらく時間がかかりそうですが、白石隆浩容疑者は、「9人のなかに主婦もいた」と供述、さらに警察が女性名義のキャッシュカードや診察券、交通系ICカードなどを押収この中には、少なくとも2人は埼玉県と群馬県の女子高校生で、高校生の1人は15歳ということが現段階で明らかになっています。さらに、5日の速報で、福島県内の女子高生もいたとの情報もあります。(参考元:毎日新聞

座間9遺体殺人事件、被害者情報まとめ

これまで入っている情報をまとめますと、

▽神奈川県の男女20代の知人カップル

▽埼玉県の女子大生(19)

▽神奈川県の女性(25)

▽東京都八王子市の女性(23)
八王子23歳の行方不明女性の顔写真と名前が”田村愛子さん”と特定されました。

田村愛子(八王子・ひない)同級生の証言と裏腹にツイッターで強い自殺志願

2017.11.06

座間 殺人事件の被害者”田村愛子さん”顔写真と名前が特定!八王子23歳の行方不明女性ついに

2017.11.06

▽福島県の女子高生

▽群馬県の女子高1年生
→石原紅葉さんか?
座間殺人事件の被害者:群馬女子高生”石原紅葉”顔写真と名前・身元が特定か

▽埼玉県の女子高2年生

であることが判明しています。

スポンサーリンク



被害者は埼玉県JKや主婦など”共通点”は「自宅近くの若い女性」?

さて、被害者はツイッターでのDM(ダイレクトメッセージ)機能を使って、白石隆浩容疑者とやり取りをして、自宅に誘い込まれたということですが、白石隆浩容疑者は、ツイッターで複数個のアカウントを所持していました。このうち、「首吊り士」のアカウントから接触された西日本に住む30代の女性は、まず最初に、住まいを尋ねられていたと言います。

DMの中で、白石隆浩容疑者は、西日本在住の女性に

「きれいに死にたいのであれば、死後、誰かに下ろしてもらう必要があります。お住まいは何県でしょうか。自分の(家と)近ければ、死ぬのをお手伝いしますよ、と」

訪ねています、しかし、女性が西日本ですと伝えると、

「距離が近ければお力になれたのですが残念です」

などと、態度が一変します。

一方で、「死にたい」というアカウントで接触した千葉県の21歳の女性には、執拗に会うことを求めてきたと言います。女性によれば、

「(やりとり開始の)1週間後くらいに、彼の住んでいる場所に来てくれないかと。最初、すごく嫌がっていたんですけど、会おうとなったときに、やっと顔写真を送ってくれて」

と、白石隆浩容疑者自身の顔写真などを送ってきたり、自宅近くのカレー店やラーメンを調理したときの写真などを送って、一緒に食事することを求めたり、料理好きであることをアピール。さらに、女性が「洗脳」に関心があると伝えると、「洗脳」に関する本の写真を送ってきていたといいます。

また、こういったことから、被害者に共通することは、

・自殺志願者であること
・若い女性であること(男性の場合、断る。5日放送のテレビ朝日系「サンデーステーション」によれば、自殺の相談をもちかけていた男性が、体重が80キロあることを告げると55キロときゃしゃだった白石隆浩容疑者から、「60キロまでしか無理」と断られたということです。カップル殺害は、女性を殺した後に、男性にバレると思い殺害したと供述。)
・住まいが関東圏などの座間市にあるアパート近くであること

などが共通点として挙げられます。

心理学者ではないので、確たることは言えませんが、自殺志願者であるというのは、どこか心の拠り所が欲しい。そういった人に、甘い言葉をかけ、誘い込む、まさに洗脳さながら。
自殺志願者の中には、白石隆浩容疑者を「先生」と呼び、頼れる存在として崇めていた人たちが一部にはいたことなどもわかっています。白石隆浩容疑者の奥底には自殺志願者を手助けしているという慈善感、有能感があったのかもしれません。しかし、抵抗できないような若い女性ばかりを狙い、執拗に接触を図り、性的暴行を加え、そして殺害する、あってはならない行為だと状況が明るみに出るたびに思います。

亡くなられたご家族と被害者の方には、ご冥福をお祈りいたします。

こちらの記事も読まれています。

田村愛子(八王子・ひない)同級生の証言と裏腹にツイッターで強い自殺志願

2017.11.06

白石隆浩 実家の住所・画像が流出!父親の会社名「日産自動車座間事業所」か

2017.11.06

座間 殺人事件の被害者”田村愛子さん”顔写真と名前が特定!八王子23歳の行方不明女性ついに

2017.11.06

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です