栄和人監督 辞任へ。パワハラ強化本部長の汚名晴らせず。教え子へ「和」を尊ぶ組織づくりが仇に。

伊調馨選手への栄和人監督のパワハラ問題を記す「告発状」が、貞友義典弁護士を通じ、A氏(=田南部力コーチ)とB氏(=元レスリング五輪日本代表の安達巧(あだち たくみ)氏より提出された問題で、日本レスリング協会は6日、栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表。5日夜、第三者の弁護士が協会に提出した報告書で栄氏のパワハラが認定されていた。本人は、釈明をしたものの、協会の判断は揺るぎないものだった。パワハラ強化本部長の汚名を晴らせず。聖徳太子顔負け「和を以て貴しとなす」組織づくりが仇となる結果なのだろうか。

栄和人監督 辞任へ。

4月6日(金)の速報です。日本レスリング協会は6日、都内で臨時理事会を開催。五輪4連覇で国民栄誉賞も授与されている伊調馨(33=ALSOK)に対するパワハラ問題で、同協会は栄和人(57)が選手強化本部長の職を辞任すると発表した。(日刊スポーツ)

本発表の前夜、第三者の弁護士が協会に提出した報告書では、告発状で指摘されている内容など、複数の行為に対してパワハラの有無が判断されていた。報告書によれば、栄氏が「俺の前でよくレスリングができるな」と発言した行為など、複数の事実をパワハラと認定したと記述されていた。栄氏はそんなつもりではなかったという趣旨の釈明をしていたが、結果的に協会が下した判断は、栄氏のパワハラ認定という形に落ち着いた。パワハラ強化本部長の汚名を晴らせず、監督の引退を迎える。(参考元:日本テレビNNN

伊調馨へ栄和人氏によるパワハラ疑惑に関する告発の内容

(1)伊調馨が師事する田南部力コーチへの不当圧力
(2)伊調の男子合宿への参加禁止
(3)練習拠点だった警視庁レスリング部への出入禁止処分

という大きく3点の「パワハラ」事実を訴えるもの。伊調馨は今でも練習場所が定まっておらず、告発状では「(東京五輪での)五連覇を阻止する策動」と今回の早急に解決すべき事態と重く見ている。※ここで、伊調馨は告発には関わっておらず、告発をしたのは、貞友義典弁護士とその協力者である。

スポンサーリンク



栄和人監督の「公私混同」型パワハラ指導は、粘着性があるとて協会も周知の事実。

栄和人監督は、1987年の世界選手権で銅メダルを獲得後、88年のソウル五輪に出場するも4回戦で敗退。

日本レスリング協会の福田富昭会長に相談をしたら、『将来、きっと五輪種目になるから、女子レスリングのコーチになって選手を今から育てろ』という理由からしぶしぶ女子の監督を引き受けた経緯があり、今がある。

 「指導をすると夢中になるタイプで、1人の選手を相手に何時間も技の研究をしてしまうことがあった。すると、ほかの選手は何をやっていいのか分からなくなる。男子なら1を言えば10を理解してくれるが、女子は1から10まで言わないと動かないし、不安になる。指導が1人の選手に偏るとほかの選手の妬みや不満が募る。強くしたい一心で、叱る言葉が乱暴になれば『あなたにはついていけない』という冷ややかなムードになる」

(引用元:信頼されなくていい、熱意でぶつかる レスリング・栄監督

どうやら女子の指導には苦労がつきものだったようだが、練習したいという選手がいれば自分の休日を返上して指導。その指導内容は、技術を教えるだけでなく私生活まで選手の面倒を見るという懇切丁寧すぎるもの。

栄和人監督の「公私混同」型パワハラ指導で、伊調馨は3日で泣いた

なんと、2007年に中京女子大学のコーチに就任すると、吉田沙保里や伊調馨などを4000万円のローンを組み購入した自宅マンションに住まわせ、彼女たちを車に乗せて高校まで1時間かけて送り、朝練習を行い、授業が終われば夜遅くまで練習して車に乗せて帰ったなどのエピソードがある。

そこを寮として選手に住まわせて365日24時間、選手たちに熱血指導。洗濯の仕方やお菓子の禁止など私生活についても指導が入ったという。

スポンサーリンク




 

吉田沙保里選手は当時のことを「練習量は多くて辛いし、最初はやめたくて仕方なかった。何時間かかろうが出来るまでやらせるしつこさに、正直うるさいなと思ったり…(笑)。でも、結果が伴い始めて先生の熱意のこもった指導の意味が分かってきました」と懐古するが、伊調馨選手は、「入学して3日目で泣いた。」と話すほど。(参考元:栄和人監督の危ないトーク「教え子に手を出した」

おわりに

独特な指導哲学をパワハラ疑惑と持ち上げられてしまった栄和人監督。
そりゃ本人が否定する理由もわかるが。聖徳太子が残した言葉「和を以て貴しとなす」には、議論をウヤムヤするのではなく、公式な議論を闊達にし、空気を支配するなという真意が込められているという。それは、聖徳太子が、

「人が自分の意見と違うからといって、怒ってはならない。人にはみな心があり、心があればそれぞれ正しいと思う考えがある。…自分は聖人ではなく、相手が愚人でもない。共に凡人なのである。それゆえ相手が怒ったら、省みて自分の過失を恐れよ。…」

という考えにあったためだ。うぬぼれてはいけない。そんなメッセージを自らに投げ打つ覚悟は、今の栄和人監督にあるのだろうか。

スポンサーリンク


SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です