折口雅博 在宅起訴|顔画像は温厚なのにベンツ147キロ「二度と車には乗らない」極端…

旧グッドウィル・グループ・折口雅博(おりぐち まさひろ)会長が、時速147キロで高級外車ベンツを運転したとして、在宅起訴されました。顔写真はかなり温厚な方なのに、そんなに飛ばすなんて。しかも、「大変深く反省していて、二度と車には乗らない」と述べたと言います。かなり極端ですね。

折口雅博(おりぐち まさひろ)会長が在宅起訴

折口 雅博(おりぐち まさひろ)会長は、1961年6月11日 東京都大田区糀谷生まれの57歳。学歴は陸上自衛隊少年工科学校(陸上自衛隊生徒)第23期生を経て防衛大学校本科理工学専攻卒業(第28期生)。

 

東京都中野区の首都高速中央環状線で今年2月、法定速度を87キロ超える時速147キロでベンツを運転したとして、東京地検が道交法違反罪で、人材派遣大手の旧グッドウィル・グループ(GWG)の折口雅博元会長(57)を在宅起訴していたことが13日、分かった。在宅起訴は9月20日付。

東京地裁(西野吾一裁判官)で13日に初公判があり、折口被告は起訴内容を認め「大変深く反省している。二度と車には乗らない」と述べた。検察側は懲役3月を求刑し結審した。判決は28日。

産経新聞

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください