石田凛音「中学聖日記」6話子役|橘あやの役キャスト作品「花のち晴れ、ぎぼむす、絶対零度」

2018年11月13日放送のドラマ『中学聖日記』第6話からの登場人物、末永聖の教え子役、橘彩乃(たちばな・あやの)を演じる子役は、石田凛音(いしだ・りおん)ちゃんです。ドラマ『花のち晴れ』『義母と娘のブルース』や、月9ドラマ『絶対零度』にも出演。

当記事ではドラマ『中学聖日記』で橘彩乃を演じる子役・石田凛音ちゃんに注目して「原作から役柄」「経歴」についてまとめています。

スポンサーリンク




石田凛音(いしだりおん)プロフィールと経歴

聖は彩乃の母親が何日も帰ってこないのを心配して、自分の部屋でご飯を食べさせますが、その時に思わぬ来客があって……?彩乃は、今後のストーリーのキーパーソンの一人と言えるでしょう。

プロフィール

  • 名前:石田凛音(いしだりおん)
  • 生年月日: 2008年2月24日生まれ
  • 年齢: 10歳
  • 所属:COURAGE KIDS(クラージュ・キッズ)

石田凛音ちゃんは、2008年2月24日生まれの10歳で「COURAGE KIDS(クラージュ・キッズ)」所属の子役。

デビュー作品は、2016年7月公開の映画『私の人生なのに』のようです。2017年4月期のドラマ『小さな巨人』に出演。2017年9月4日放送の月曜名作劇場「警視庁機動捜査隊216 episode8 傷痕」では、矢野優花さんの幼少期を演じました。

経歴

2017年9月4日放送の月曜名作劇場「警視庁機動捜査隊216 episode8 傷痕」では、矢野優花さんの幼少期を演じました。

石田凛音ちゃんは、2008年2月24日生まれの10歳で「COURAGE KIDS(クラージュ・キッズ)」所属の子役。

デビュー作品は、2016年7月公開の映画『私の人生なのに』のようです。

2017年4月期のドラマ『小さな巨人』に出演。

2017年9月4日放送の月曜名作劇場「警視庁機動捜査隊216 episode8 傷痕」では、矢野優花さんの幼少期を演じました。

2018年6月公開の映画『キスできる餃子』では、足立梨花さんの幼少期を演じました。

 

View this post on Instagram

 

* キスできる餃子💋🥟 舞台挨拶.ヒカリ座.2部.₂₀₁₈.₀₆₃₀ . とにかく!とにかく!! 凛ちゃんが可愛かった🤦🏻‍♀️💗💗 最後にタムタムがチューってしたところが 気になって真顔で見ちゃうところも可愛い🤦🏻‍♀️💗 タムタムと鈴木さんも めちゃくちゃいい笑顔😆⋆ฺ . #キスできる餃子 #キス餃 #古川凛 #宇都宮餃子会 #boysandmen #ボイメン #名古屋の町おこしお兄さん #田村侑久 #タムタム #チラシ配りのポジティブ王子 #シアワセとチラシを配るポジティブ王子 #私の自慢の推し

わがままいもさん(@wagamamaimo)がシェアした投稿 –

石田凛音(いしだりおん)出演作品『花のち晴れ』『義母と娘のブルース』『絶対零度』

他にも今年の人気ドラマ『花のち晴れ』『義母と娘のブルース』や、月9ドラマ『絶対零度』にも出演しました

石田凛音ちゃんの役柄は、ネグレクトの母親を持つ小学生・橘彩乃。

3年後の2018年、聖(有村架純)は、田舎の小学校で教師を続けていました。

橘彩乃は、聖のクラスの生徒。

彩乃の母親は、旦那の友達と浮気して、出戻った女性。

実家が大地主なだけに日陰者扱いで、ハブられているという噂があるそうです。。。

聖は彩乃の目が、晶(岡田健史)が自分を見る目と似ていると思い、動揺してしまいます。

それは、求めているのに、つきはなすような視線。

そんなある日、聖は、彩乃の母親が3日間も家に帰って来ないことを知ります。

食事は本家(家政婦)が差し入れているようで、警察沙汰にならない程度に面倒見ている様子。

それでも夜は1人のようなので、聖は職員室で「どなたか預かっていただければ……」と聞いてみます。

しかし誰も預からなかったので、聖は自分のアパートに彩乃を連れていきました。

本家に電話しても「どうせ男のところだ。うちはもう縁切ってる。あそこにも情けで置いてやってるんだ。これ以上、こっちに迷惑かけないでもらえるかね」という非情な態度が返ってきたから。

聖は彩乃に、冷凍ごはん、ちくわとコーン缶のスープ、玉子豆腐という質素な食事を食べさせます。

お腹がいっぱいになった彩乃は、寝てしまいました。

聖は彩乃の母親に会ったことがありますが、悪い人には思えませんでした。

でも自分は、人を見る目がない……。

そこになんと、勝太郎(町田啓太)がやってきます。

聖が「今日は来ないで」と断ったのに、勝手にやってきたのです。

勝太郎は聖をだきしめてキスしようとしますが、聖は拒絶。

そして2人の様子を、彩乃の母親が見ていました。

翌日の朝、彩乃の母親は聖のところに彩乃を迎えに行ってお礼を言いますが、内心では聖のことを“最低”と思っていました。

彩乃の母親は、その後、ママ友たちに、聖の噂を流します。

これが原因で、聖はとんでもない窮地に立たされることになるんです。

まとめ

いかがでしたか?

ドラマ『中学聖日記』で橘彩乃役を演じる子役・石田凛音ちゃんをご紹介しました。

原作では、彩乃の母親がじりじりと聖を追い詰めていくそうなんですけど、ドラマではどのようになっていくのでしょうか。。。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください