26日(月)の「世界まる見え!」では、「ウソかマコトかSP!人間心理を操る天才ダレン・ブラウン乃木坂あ然」として、心理学や催眠術のエキスパート・ダレン・ブラウン (Derren Victor Brown)が登場。彼が仕掛けるドッキリの映像がヤバい!やらせなのか??

ダレンブラウンの催眠術がヤバい!ドッキリ動画

今回のドッキリの被験者は元々 事前の催眠テストにより催眠術にかかりやすい人物、スティーブンを特定。 これまでいくつもの仕事を転々とし、親のすねをかじりながら生きてきた自堕落な性格だという。

あいつは、約束を守らないし責任感がないと兄に言われる始末。

今回仕掛けるのは「 今回のドッキリは地球に隕石が近づいていてその隕石には正体不明のウイルスが生息していて、もしも地球に降りかかった場合地球が滅亡してしまう」。

隕石接近といえば通信機器に影響があるらしいという嘘のラジオ放送をする。航空会社の対策に追われているよ。携帯電話には頻繁の隕石関連のニュースが流れる。

IT の専門家が嘘のニュースを流せるように、ハッキングしているという。

父ミックがモーターのヒューズを外しエンジンがかからないように設定しかたなく修理を頼むが「またこれか最近多いんだよね。みんな隕石の影響だって言ってるよ」こうして6週間、嘘の情報を流し続けたところ…

バスが動き始めたところいよいよ隕石が降りかかる。ここで、スティーブンが彼を眠らせる。目を覚ますと、とあるベッドの上に右手にはなぜか多いリストバンド。

病院内を歩き回るスティーブン。

「火星の隕石が地球に衝突してから今日で14日目となりました隕石に付着していた謎のウイルスが驚異的な速さで生存者を襲っていますウイルスに侵されると理性がなくなります感染力も非常に強いので決して触れることのないようにしてください。」テレビでニュースが流れる。

ここでスティーブンがレオナという少女に出会う。

「リストバンドの色は何色?」大丈夫な人は青色、赤いリストバンドの人は感染者。「ねえ、病院を出ない?」レオナに病院を出ようと、一緒に出ようとするが、そこにいたのは、ゾンビ。病院の外で出会ったのは、ゾンビと化した人間の集団だった。

そこに、1台の救急車が…

ダレン・ブラウン (Derren Victor Brown、1971年2月27日  )は、イギリスのメンタリスト。日本では、DaiGo(ダイゴ)が有名ですが、実は彼が「1番最初に僕がメンタリストになったきっかけっていうと、ダレン・ブラウンっていう人の動画をYouTubeで見たってのが最初なんですけど。」ということで、メンタリストDaiGo誕生のきっかけとなった人物だというのです。

しかし、世間からは、やらせ疑惑も浮上。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください