ドラマ「Aではない君と」キャスト/あらすじ|息子役の俳優・杉田雷麟「魅力とプロフィールに迫る!」

スポンサードリンク




テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「Aではない君と」が 佐藤 浩市・天海 祐希のダブル主演で、放送されますね!

放送日程は、9月21日(金)よる9時~。

第37回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・薬丸岳 原作の小説『Aではない君と』を 初めて映像化・テレビドラマ化した意欲作です。

酒鬼薔薇聖斗事件の犯人、少年Aを題材にした物語となっております。

ここでは、「Aではない君と」のあらすじと、ドラマ化にあたり、

登場人物を演じるキャストの皆様を紹介します。

吉永圭一(佐藤浩市)の中2の息子役・青葉翼(あおばつばさ)を演じるのは、

15歳の新人俳優杉田雷麟(らいる)くんです。

ドラマ「Aではない君と」(酒鬼薔薇聖斗事件)あらすじ

物語は、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤浩市)に 前妻・青葉純子(戸田菜穂)から突然の電話が入るところから始まります。

離れて暮らす中2の息子・青葉翼(杉田雷麟(らいる))が 同級生への殺人容疑で逮捕されたと言う。

ネット上には翼の実名や個人情報が晒され、 困惑した吉永は弁護士の長戸光孝(八嶋智人)を訪ねる。 早速接見するも沈黙を貫き通す翼。父にも心の内を明かさない。

記者・中尾(山本耕史)からの情報で、 翼が少し前に起こした万引き事件を収めたのが 被害者の父で弁護士の藤井智康(仲村トオル)だと判明。

そんな恩人の息子を殺したというのか…。 翼の沈黙が災いし“逆送”、 つまり公開の法廷で刑事審判を受ける可能性が高まっていく。

現状を打破すべく長戸はお母さん弁護士の神崎京子(天海祐希)を紹介。

神崎は献身的に吉永親子に向き合うが、翼は反抗的な態度を取り続ける。

やがて神崎は保護者が弁護士同様の立場となる『付添人制度』の存在を知り…。

息子の心の叫びに、改めて耳を傾け始める吉永。

はたして翼は本当に殺人を犯したのか?

ドラマ「Aではない君と」(酒鬼薔薇聖斗事件)
キャスト(登場人物)一覧

ブラザー
キャストの皆様についてご紹介していくよ〜

吉永 圭一(佐藤 浩市)

穂村建設企画部の部長。 部下に信頼され、新プロジェクトの美術館建設の責任者にもなる。 しかし元妻に引き取られた一人息子の翼が死体遺棄事件を起こしてしまう。 父親として沈黙する息子に向き合い、真相解明に挑む。

☆佐藤 浩市(さとう こういち/1960年12月10日生まれ/58歳) 父は俳優の故三國連太郎。 日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『64-ロクヨン- 前編』で、 同賞の最優秀助演男優賞を『ホワイトアウト』『壬生義士伝』で受賞している。 その後も『ザ・マジックアワー』『誰も守ってくれない』 『起終点駅 ターミナル』『花戦さ』などで幅広い役柄を演じてきた。 薬丸 岳原作の実写化作品出演は、映画『友罪』に続き2回目。 2作とも“加害者家族”であるが、子供が殺人の罪に問われたときに、 ただ「謝る」ということでは何もクリアできない、 答えがあるようでないような、テーマの作品を 今回はどのような形となるか気になるところだ、、、。

前妻・青葉純子(戸田菜穂)

吉永圭一(佐藤浩市)の元妻で、加害者少年・翼(杉田雷麟)の母親。 事件にショックを受け、憔悴していく。

☆戸田 菜穂(とだ なほ/1974年3月13日生まれ/44歳) 1990年の「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを取得して芸能界入り。 1993年の朝ドラ『ええにょぼ』のヒロイン役に抜擢されてブレイク。 『ショム二』の杉田美園役で知名度アップ、 その後も名バイプレーヤーとして数々の作品に出演。 CM「DHC 薬用Qローション」のエイジレスな美貌や美肌が話題に、 最近では『高嶺の花』の家元の妻役が印象的な美人女だと話題になっていた。 今回の作品では何が何でもやりたかったという役で、 魂の叫びのような作品に仕上がったとコメントしている。

中2の息子・青葉翼(杉田雷麟(らいる))

らいる君については、以下の記事でも書いています。

杉田雷麟「Aではない君と」息子役 青葉翼の俳優のWIKI/経歴/イケメン画像!魅力に迫る!

2018.09.21

吉永圭一(佐藤浩市)の息子で、殺人遺棄事件の加害者。 吉永にも神崎京子(天海祐希)にも、事件の真相を話そうとしない。

☆杉田 雷麟(すぎた らいる/2002年12月10日/15歳) 本作の子役オーディションを勝ち抜いた期待の新人で 過去出演作品は、WOWOWドラマ『イノセント・デイズ』、映画『教誨師』。 趣味は、ボクシングと読書。 父親役の佐藤 浩市から 「俺と関わる場面ならお前が納得行くまで何度でも付き合ってやる。」 と、声を掛けられたり、 気負いしてしまい、芝居が上手くいかないことがあったときも、 「俺の経験でいうと、こういうときには何も食べないほうがいい。飯は食うな。 俺も食べないから。」と語りかけて頂いた様子なので、 佐藤 浩市さんからかなり期待されているのではないか、、、。

弁護士の長戸光孝(八嶋智人)

長戸光孝は、翼(杉田雷麟)の最初の弁護士。 翼の弁護を神崎(天海祐希)にバトンタッチする。

☆八嶋 智人(やしま のりひと/1970年9月27日生まれ/47歳) 数々の映画やドラマで幅広い役をこなしてきた演技派俳優。 独特のキャラでCM、朝ドラ、バラエティー、声優、舞台などで活躍。 1999年のドラマ『古畑任三郎』の出演で知名度アップ。 2006年の『弁護士 灰島秀樹』でドラマ初主演。 2017年の『相棒15』元旦スペシャルのサイコパス役の演技も話題に。

記者・中尾(山本耕史)

吉永家族を追う週刊誌記者。

☆山本 耕史(やまも こうじ/1976年10月31日生まれ/42歳) 0歳の頃から乳児モデルとして活動。 10歳のときに日本初演の『レミゼラブル』で舞台デビューをし、 その後もドラマや舞台、アーティストなどマルチに活躍。 1998年、21歳の時にブロードウェー・ミュージカル『RENT』の日本初演で マークを演じたことが、役者観が変わるほどの大きな転機となり、 海外にも目を向けるようになることから、 23歳の時に3か月間ニューヨークで暮らすなど、 数々の経歴を持つ俳優。

弁護士の藤井智康(仲村トオル)

被害者少年・優斗(中川翼)の父で、弁護士。 吉永(佐藤浩市)の息子・翼(杉田雷麟)が少し前に起こした万引き事件を収めた。

☆仲村 トオル(なかむら とおる/1965年9月5日生まれ/53歳) 甘いマスクが魅力の演技派俳優で、 デビュー作は1985年の映画『ビー・バップ・ハイスクール』。 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズ、 刑事ドラマ『あぶない刑事』と人気となった作品に立て続けに 「トオル」役で出演したことで、知名度アップ。 『チーム・バチスタシリーズ』では主演、白鳥圭輔役を好演。 2018年7月期のドラマ『ラストチャンス 再生請負人』でも主演を務めています。

弁護士の神崎京子(天海祐希)

翼の事件の担当を引き継いだ弁護士。三児の母。 前任者がギブアップし、その後を継ぐ。 吉永圭一(佐藤浩市)とはぶつかることもあるが、一番の理解者。 悩んだ末に肉親が弁護士と同等の役割を果たす「付添人」制度を吉永に提案する。

☆天海 祐希(あまみ ゆうき/1967年8月8日生まれ/51歳) 元宝塚歌劇団月組トップスター。 『緊急取調室』ほか数々の連ドラで主演を務めてきた人気女優のひとり。 ドラマの主演は『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』 (2018年3月24日放送、テレビ朝日)以来の半年ぶりになりそう。 『離婚弁護士』や『女王の教室』、『BOSS』や『偽装の夫婦』、 『緊急取調室』など、主演作多数。 佐藤浩市とがっつり共演するのは初めてで、 喜びと緊張で複雑だが「全身全霊でぶつかろう」とコメントしている。

吉永の恋人・部下 野依美咲(市川実日子) 吉永(佐藤浩市)の恋人であり、部下。 吉永を支えようとするが……。

☆市川 実日子(いちかわ みかこ/1978年6月13日生まれ/40歳) 映画『羊の木』やドラマ『アンナチュラル』など 今年の話題作に出演している人気女優で、 スペシャルドラマ『満願』のミステリアスな女将役も話題に。

吉永の息子が働く居酒屋の店主井川(寺島進)

翼(杉田雷麟)が働く居酒屋の店主。

☆寺島 進(てらしま すすむ/1963年11月12日生まれ/54歳) 1986年の『ア・ホーマンス』で映画初主演。 2005年『富豪刑事』に出演して、 テレビドラマなどへも活躍の場を広げ、人気を博す。 『アンフェア』や『交渉人 真下正義』などで名バイプレーヤーとして活躍。 今秋クールの金曜8時のドラマ『駐在刑事』の主演を務めるなど、 事件ものなどでは特に欠かせない存在である。

家庭裁判所調査官瀬戸調査官(安田顕)

家庭裁判所の調査官。 吉永(佐藤浩市)と純子(戸田菜穂)に冷静に、厳しく調書する。

☆安田 顕(やすだ けん/1973年12月8日生まれ/44歳) 来月主演映画が公開するなど、 ドラマ・映画に引っ張りだこの最も旬な個性派俳優で、 2002年の北海道のローカルドラマ『夏の約束』でドラマデビュー。 『ダーティママ』や『下町ロケット』 『嘘の戦争』『小さな巨人』『正義のセ』などの話題作で、 名バイプレーヤーとして活躍。 スペシャルドラマ『満願』第二夜「夜警」での演技も素晴らしかった。

吉永の父・吉永克彦(山崎努)

吉永圭一(佐藤浩市)の父。 急に実家に現れた圭一を優しく迎える。 翼のことで悩む圭一に「物事のよし悪しとは別に、 子供がどうしてそんなことをしたのか考えるのが親だ」と言う。

☆山崎 努(やまざき つとむ/1936年12月2日生まれ/81歳) 日本を代表する名優で、1936年12月2日生まれの81歳。 1963年 黒澤 明監督の映画『天国と地獄』で脚光を浴び、 『必殺仕置人』シリーズの“念仏の鉄”役で人気を博す。 1984年の映画『お葬式』以来、、伊丹十三監督作品には連続起用された。 2018年9月現在公開中の『モリのいる場所』で、『死に花』以来14年ぶりに映画主演。

ドラマ「Aではない君と」(酒鬼薔薇聖斗事件)
原作紹介・感想

原作は、『第37回吉川英治文学新人賞』を受賞した薬丸岳の同名小説を

豪華キャスト陣を迎えて実写化したものです。

せけん
 傑作です。14歳の息子が級友を殺した。その父は何をすべきか。何ができるのか。 大きな、ミステリー的な謎やトリック、どんでん返しがあるわけでもなく、アクションやスリルがあるわけでもない。しかしそれにもかかわらず読む手が止まらない。自分の子が人を殺したら?その恐怖は、全く現実感がなく一見想像し難いが、本作によって容易にイメージすることができるようになり、そうするとその恐怖がとてつもないものであるが故に読む手がとまらなかなるのだと思う。 ラストの迫力は見事。出番は少ないが藤井の気持ちが切ない。
せけん
心を殺す行為が隠匿されがちなので、心と体、どちらを殺した方が罪が重いのかという問いには、私もすぐに答えられない自信がある。体を殺されれば、同時に心も死んでしまう。心が死んでも体は生きている。だから…という説明は、頭が納得しても、心が全てを飲み込むことはできない。仲の良い友人同士だったこともあったのに。片親でも両親が揃っていても、子供と心を通わすゆとりがないと、SOSに気づけないのだと感じた。そのゆとりを持てる人がどの程度存在するのか、寒々しい思いがする。 

(引用:読者メーター

まとめ

第37回吉川英治文学新人賞を受賞した、作家・薬丸岳 原作の小説『Aではない君と』を初めて映像化・テレビドラマ化した作品。

連日ニュースで放送されていた事件、酒鬼薔薇聖斗事件の犯人、少年Aを題材にした物語となっていることもあり、スペシャルドラマとしてはもったいないくらいの注目作となっております。

佐藤 浩市・天海 祐希のダブル主演で、さらに重要な少年Aの役で新人俳優大抜擢ということで、作品とともにまた新しい風が吹くのではないでしょうか。。。

また、他のキャストの皆さんの熱量も同様に高く、それぞれに意義を感じて役に向き合っているように、
コメントされていました。

スタッフ・キャスト全員が、真摯に取り組んだ想いは画面を通して必ず感じるのではないでしょうか、、、

佐藤浩市さんがおっしゃていたように、“謝る”ということだけでは終わらない、、、

その気になる答えとは、、、、、。
ぜひ楽しみにご覧頂きたいと思います。

らいる君については、以下の記事でも書いています。

杉田雷麟「Aではない君と」息子役 青葉翼の俳優のWIKI/経歴/イケメン画像!魅力に迫る!

2018.09.21

スポンサードリンク




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください