藤川孝幸、死因は胃ガン「仕事できない」程の痛み|嫁や子供と闘病してきたのか。

北海道十勝スカイアーススポーツ代表で、自身も、元サッカー選手の藤川孝幸さんが死因は、胃がんのために死去(ステージ4、末期)。当初より仕事ができないほどの痛みと闘ってきたという。結婚したお嫁さんとの間には、4人の子供達がいて、サッカーをしているという。

スポンサーリンク




藤川孝幸が死去|死因は胃ガン「仕事できない」ほどの痛み

昨年12月、背中に激痛を覚え都内の病院で診察。余命3か月から半年の胃がんと診断。

気づいた時には、「ステージ4以上の末期だった」医師に告げられてから、すぐに抗がん剤治療を始め現在、がん細胞は半分まで減ったという。体重は減ってしまったという。今年の4月19日に行った会見の様子がこちら。

ガンを告白した後も、体内にがん細胞が残ってはいるものの、今年1月に入院していた際も病室で新戦力補強の話を進めるなど、チームに尽力してきたという。

スポンサーリンク




藤川孝幸の結婚した嫁(妻)と子供は?

藤川孝幸(ふじかわ・たかゆき)さんは、1962年10月10日、神奈川県生まれ。1980年から読売クラブ、1992年からヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)でプレー。1995年に現役引退してからは、大学でサッカー部監督や、コーチを務めるなど指導者として活躍してこられたと言います。

プライベートでは、奥様との間に子供が4人。

一番下の子を除いてサッカーをしており、長男が明徳義塾でインターハイ出場、次男も特待生で明徳義塾に入学、三男は横浜FCのセントラルトレセンに選ばれるなど、その遺伝子を受け継いでいるそうです。

また、子供たちの名前は川崎大師の方に決めていただいたそうで、名前の漢字に「尚」、「誠」、「昌」、「敬」とか。

生前は、自身のツイッターで、「必ず癌を克服しまして奇跡を起こしたいと思います」と話していました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください