樋田淳也 発見場所はどこ?身柄確保で場所は山口県周南市!逃走48日間 万引きに失敗

8月12日午後7時半ごろ大阪府警富田林署の留置場に勾留され、2階の面会室で弁護士と接見していたところ、闘争を図った樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者が、9月29日21時頃、身柄を確保されたと報道がありましたね!発見場所は山口県ということですが、具体的な場所はどこだったのでしょうか。なぜ、発見されたのでしょうか?

スポンサーリンク




樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者が身柄確保(逮捕)

報道によりますと、29日に山口県周南市で樋田容疑者とみられる男の身柄を確保したということです。

報道によると、

29日午後7時前、山口県周南市の道の駅で樋田容疑者とみられる男が食料品を万引きした疑いで警察官に逮捕され、指紋や足の入れ墨が一致したことから、本人と確認しました。(引用:NHK)

とのことで、無事、本人が逮捕されました。

詳しく見ていきましょう!

樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者発見場所は、道の駅「ソレーネ周南」

なお、発見場所は、山口県周南市にある道の駅「ソレーネ周南」。
道の駅ソレーネ周南は、山口県周南市にある国道2号の道の駅のことです。

周南市の西の玄関口として、道路利用者が快適に休憩できる場所を提供するとともに、道路情報、観光情報、周南ブランドを市内外、そして全国に発信。道路情報、観光情報、周南ブランドを市内外、そして全国に発信し、周南市のアピールはもとより、農林水産業の振興や地域の活性化につなげることを目的としています。公式サイトはこちらから。

山口県周南市から、大阪府警富田林署までを地図上で確認すると、かなり離れていることがわかりますね。道のりにして400キロメートル余り。車だと5時間半もかかります。どのような経路で、どのような格好で逃走をはかり、逃げ続けることができたのか。

樋田淳也容疑者の詳しい生い立ちと犯罪歴については、以下の記事で書いています。

樋田淳也の生い立ち|実家(松原)の兄弟や家族に問題?父親の死因は?母親は?

2018.08.16

スポンサーリンク




樋田淳也なぜ発見?逃走48日間 万引きに失敗

逃走から48日間が経過していたということですが、どうして発見されたのかというと。警察によりますと、男が万引きをしたところその場で警察官に取り押さえられたということです。

道の駅で万引きしようとしたところを抑えられちゃったんだな〜

男の入れ墨が樋田容疑者のものとよく似ているということで警察は、本人と確認できしだい逮捕する方針とのこと。

刺青とは、こちらですね。

このほか左腕に手術痕があるようです。

(出典:朝日新聞

スポンサーリンク




樋田淳也の生い立ちが衝撃!家族に問題があったのか?

樋田淳也容疑者は、20歳まで、松原市に住んでいました。家庭環境に、何らかの問題があったようです。

調べてみると、樋田淳也容疑者は、松原市の小・中学校に通い、小学校低学年のときは兄とボーイスカウトの活動をしていました。

詳しい生い立ちと犯罪歴については、以下の記事で書いています。

樋田淳也の生い立ち|実家(松原)の兄弟や家族に問題?父親の死因は?母親は?

2018.08.16

台風を察知か、危険を回避するために山口へ?

なんで山口にいたんだろう?
それは確かに疑問やな!台風から逃げいていた説もあるよ!

 

樋田淳也容疑者の詳しい生い立ちと犯罪歴については、以下の記事で書いています。

樋田淳也の生い立ち|実家(松原)の兄弟や家族に問題?父親の死因は?母親は?

2018.08.16

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください