神田正輝「下町ロケット」的場役の俳優!次期社長が真犯人の可能性?

日曜ドラマ『下町ロケット』の続編(2)で次期社長・帝国重工取締役・的場俊一役を演じるキャスト(出演者)は神田正輝さんです。

スポンサーリンク




的場 俊一(まとば しゅんいち/神田 正輝/帝国重工 時期社長候補)|日曜ドラマ『下町ロケット』キャスト(俳優)

まとば しゅんいち。

(出典:公式サイトより)

帝国重工の次期社長候補。帝国重工社長・藤間(杉良太郎)と宇宙航空開発部部長・財前(吉川晃司)は、帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を立ち進めてきたが、的場はこの計画に懐疑的。

ロケット開発計画に反対する“反藤間派”として不穏な動きを見せる。次期社長候補の筆頭で、藤間と財前を追い込んでいく

神田 正輝(かんだ まさき/1950年12月21日生まれ/67歳)

1976年に石原プロ製作『大都会-闘いの日々-』(NTV)でデビュー。

以来、数多くの テレビドラマ、映画に出演、TBSの連続ドラマには2002年~2003年に放映した橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』第6シリーズ以来、15年ぶりの出演となる。最近では娘の神田沙也加が結婚したことで話題になっていた。

他のキャスト陣については、以下の記事でも書いています。

下町ロケット2ゴースト|2018キャスト一覧・相関図「続編ではイモトが出演!」

2018.10.14

スポンサーリンク




日曜ドラマ『下町ロケット-ゴースト続編(2)-』原作あらすじ

直木賞受賞の下町ロケットシリーズ第3弾。

初作「下町ロケット」では特許侵害で訴えられ……。

 

「下町ロケット2ガウディ計画」では突然の取引打切り……。

 

様々な倒産の危機を社長の佃 航平 ( 阿部 寛)を中心にした社員達の奮闘で、なんとか脱してきた町工場「佃製作所」ですが、またしても!窮地に陥ります……。

今回のトラブルは大口取引先のヤマタニからの通告でした。

ヤマタニの新社長は性能よりも安さを重視する方針のため、佃製作所の高性能エンジンは必要なくなってしまい、取引を安価なメーカーであるダイダロスに切り替えると宣告されたのです。

技術力が売りである佃製作所にとって存在価値の否定とも言える非情な通告です。

うちしがれる中、さらなるトラブルが畳みかけます。

これまた佃製作所の大口取引先である帝国重工で権力闘争の勃発です。

藤間 秀樹(杉 良太郎)社長が業績悪化の責任をとって辞任に追い込まれ次期社長に的場 俊一(神田正輝)が就任するかもしれないのです。

的場が社長に就任すれば、ロケット打ち上げプロジェクト「スターダスト計画」は廃止に追い込まれてしまいます!

さらにさらに不幸は重なるもので、主に資金繰りで活躍してきた経理部長・殿村 直弘 ( 立川談春 )、その父の殿村 正弘(山本學)が倒れてしまったのです……。

またもや数々のピンチに陥る佃製作所、内外の危機を乗り越えるため社長・佃が下した決断とは?

黒幕(犯人)は帝国重工取締役・的場俊一なのか?

以下の記事で、衝撃の結末、本作を読んだ感想と内容をネタバレしています。

真犯人は、的場社長なのか。

下町ロケットゴースト 続編(2)原作ネタバレ!ドラマ最終回はどうなる?

2018.10.14

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください