片山広明 死因は肝臓ガン|死去前、最期の演奏動画?アルコール好き。

テナーサックス奏者、片山広明が昨日11月13日朝に死去されたと報道がありました。死去前に、酒浸り?どんな演奏をされていたの?経歴は?死因は?

スポンサーリンク




片山広明 死因は肝硬変|死去前アルコール好き。

RCサクセションのサポートメンバーとして知られた片山広明(かたやま ひろあき、1951年3月1日 – 2018年11月13日)さんが死去されました。67歳、死因は肝臓ガン

「長年の酒の飲み過ぎでの肝臓ガンですね。キヨシローさんが亡くなる前に死んでいても不思議はなかった片山さんですが、肝硬変が悪化して遂にというかそりゃそうだろと思うぐらい悪くなっていたようですね。病院を変えて検査を充実させたり、手術をしたり良くしようとは努力していた様子はみてとれましたが、昨夜に具合が悪くなり今朝、息を引き取ったそうです。ご冥福をお祈りさせていただきます」

音楽ナタリー

酒好きだったんですね。肝臓ガンって見つけにくいと言いますものね。

スポンサーリンク




片山広明の演奏動画は?経歴や家族は?

こちらが演奏動画。2年前のものです。

高校生の頃アルト・サックスを始め、後にテナー・サックスに転向。國學院大學を中退し、プロとして活動を開始。1970年代末にはRCサクセションと交流を深め、以後、レコーディングやライブをサポート。1980年代は、梅津和時率いるD・U・Bで活動。ヨーロッパ公演を行ったことも。

RCサクセション(アールシーサクセション、RC SUCCESSION)は、忌野清志郎をリーダーに、ライブパフォーマンスのスタイルの確立に大きな影響を及ぼしたロックバンド。

家族については、配偶者等の情報はありません。続報が入り次第、お伝えしていきます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください