高田賢三は現在,男性パートナーと結婚して子供は?破産した若い頃から若者へ

爆報!THE フライデー」に登場する高田 賢三(たかだ けんぞう)さんについてお伝えしていきます。KENZO (ケンゾー) の創始者として有名な高田賢三さんは、イトーヨーカドーのプライベートのデザイナーを手がけるなど現在もファッション界で活躍中ですが。若い頃(画像あり)はコシノジュンコさんらと共に、花の9期生と呼ばれるも破局した過去が?現在は結婚してパートナーの嫁さんと子供と幸せにパリで生活?

スポンサーリンク




高田賢三 (たかだけんぞう)プロフィール経歴

高田 賢三(たかだ けんぞう)さんは、日本を代表するファッションデザイナー。


小室哲哉さんとは、ブランド立ち上げ時にコラボしているんですね。

1939年2月27日兵庫の姫路 生まれの79歳。1970年代、パリのファッションシーンを牽引した KENZO (ケンゾー) の創始者として有名。学生時代から外国に興味を持ち、高校を卒業した後、神戸市外国語大学に進学。どうしてもファッションへの思いを忘れられなかったために、文化服装学院に9期生として入学。卒業後、三愛に就職するも3年ほど働いたあと1965年に渡仏。1970年には独自のブランドを立ち上げます。これがのちに、KENZOとなるんですね。

1993年「KENZO」ブランドを「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」 (LVMH) に売却。 1984年フランス政府から芸術文化勲章(シュヴァリエ位)受章 1998年フランス政府芸術文化勲章(コマンドゥール位)受章 1999年いったんデザイナー業から退き、1999年紫綬褒章を受章。

スポンサーリンク




高田賢三がイトーヨーカドーのデザイナーに

そごう・西武とイトーヨーカドーのプライベート「セットプルミエ(SEPT PREMIERES)」でゲストデザイナーになっています。

高田賢三「コシノジュンコと同期」若い頃の画像

「花の9期生」と呼ばれ同期には、コシノジュンコや金子功、松田光弘など大成したデザイナーが多く在籍しているようです。当時のことについて、高田賢三さん、

初めて会った時からジュンコや金子、松田君の存在感はすごかった。みんな才能があったし、ジュンコは大阪弁で面白くて、もう個性の塊って感じ(笑)。若い頃って先が見えないでしょ。僕なんかとても不安で、挫折しそうになったこともあったけど、いい友達に出会えて、「装苑賞」という目的が出来たのは、よいチャンスだったと思う。その頃のことを、今の自分の目で見せてもらえるのは楽しみですね。特に、石田さんが僕を演じてくれるので嬉しい。「ブスだ」「ブスだ」と言われ続けてきたけど、これで名誉挽回できます(笑)。(引用:花王ファミリースペシャル

と話しています。切磋琢磨できる仲間っていいですね。

現在は、パリ在住・華麗な交友関係についてテレビで公開されるとのこと。

ご結婚はされているのでしょうか。

スポンサーリンク




高田賢三パートナーがいて結婚してる?子供はいる?

高田賢三さんの家族は両親のほかに兄、弟、姉、妹がいて、3男で、長男・次男と年が離れていたため、4つ年上の長女や2つ年上の次女と遊んでいたといいます。実家は「浪花楼」という旅館。

そんな幼少期を送っていた高田賢三さんですが、結婚こそせず、子供もいませんでしたが、男性のパートナーがいました。

高田賢三はそれまでもKENZOの右腕として働いてくれた公私ともにパートナーだった相手として、グザビエ氏が有名。正式名をグザビエ・ドゥ・カステラという。ルイ14世から伯爵の称号をもらったという正真正銘の貴族とされています。

彼について、自伝では、

建築を学んでいて欧州の古城の歴史や構造などを熟知している。日本建築にも造詣が深く、桂離宮や龍安寺に込められた思想や様式についても分かりやすく教えてくれた。

私は好印象を抱いた。(日経新聞

というところから、ごく自然の成り行きでパリで一緒に暮らし始め夏の日差しに輝く青い海をながめながら、南仏を2人でグルメ旅行に。ベルサイユ宮殿の西側で夕焼けをみたり。

イブ・サンローランにはベルジェ、カール・ラガーフェルドにはジャックというパートナーがいて、高田賢三にはグザビエ・ドゥ・カステラというパートナーがいて、高田賢三にとっては、彼が家族であり、男性のパートナーだった、いわば結婚相手と同義の関係にあったと話しているようです。

高田賢三とイネス・ドラ・フレサンジュは婚約?恋人?彼女?

番組内では、「ファッション界の生きる伝説」イネス・ドラ・フレサンジュ(1980年代シャネルの広告やユニクロの広告を務めた人物)


仲よさげな関係が明かされましたが、婚約や交際関係にはないようですね。

 

スポンサーリンク




高田賢三が破産?

 2016年12月に日本経済新聞朝刊で連載された『私の履歴書』では、LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンによる買収劇や自己破産など、プライベートな部分についても、かなり語っていたようなのですが、実際に破産の事実があったようです。

僕がしてしまった失敗を読んでもらうことで同じような失敗をしないようにするなど、読む人のこれからに役立ててもらえれば嬉しいですね。また、僕自身、若いときから夢を持って冒険をしてきたことが今につながっているので、そうしたことも読んで欲しいと思っています。

これを自伝に執筆した理由については、こう話していました。

後進の活躍について、応援したい気持ちが大きいのも高田賢三さんの魅力の一つかもしれません。

高田賢三がデザインした服が素敵すぎる画像

それにしても、衣装デザインが本当に奇抜で斬新。

素敵なものからちょっと変わったものまで掲載します。

あのダイアナ妃が着用していたなんて知りませんでした!
ダンディですね、今日は、板野友美さんがアパレルデザイナーと交際報道がありました、若い頃は相当モテたのではないでしょうか。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください