守谷季美枝(守谷慧の母親/画像)死因や画像は?父親の守谷治さんはエリート官僚

高円宮(たかまどのみや)家の三女絢子さま(27)が、会社員の一般男性と婚約すると発表がありましたね!!結婚相手の男性については、大手海運会社「日本郵船」(東京)に勤める港区に住む守谷慧(もりやけい)さん(32)。

家族について調べてみると、母親は、守谷季美枝(もりやきみえ)さんは亡くなっているといいます。死因は病気?事故?プロフィールや年齢、職業や経歴は?

スポンサーリンク




絢子さま婚約へ!結婚相手は守谷慧(イケメン画像)

すごくお似合いな二人の婚約に日本中が湧きました。


お相手は、大手海運会社「日本郵船」(東京)に勤める港区に住む守谷慧さん(32)

詳しい経歴やプロフィールについては以下の記事で書いています。

守谷慧(イケメン画像/絢子さま婚約相手)経歴,家柄,大学エリート!馴れ初めはNPO理事で多彩な趣味!

2018.06.26

さて、今回は、守谷慧さんのご両親である母親について。

実は、既に他界されているようです。詳しく見ていきましょう…

スポンサーリンク



 

守谷季美枝(守谷慧の母親/画像)プロフィールや職業は?

  • 名前:守谷季美枝(もりやきみえ)
  • 学歴・大学:早稲田大学第一文学部卒業(1981年卒業)
  • 経歴:フランス在中に「国境なき医師団」で資金調達を担当(1994年〜)→枝分かれした「国境なき子どもたち」メンバーになる(1997年〜)→2002年に副会長に就任するが、2015年カンボジア滞在中に急逝
  • 夫・旦那:守谷治さん(元通産省のエリート官僚)

また、季美枝さんは、夫である守谷治さんが1989年から国際エネルギー機関事務局に出向したため、フランスのパリで生活。守谷慧さんが生まれたのは、1986年ですので、3歳の息子を連れての海外転勤。大変だったことでしょう。

そのフランス在中に「国境なき医師団」で資金調達を担当した時は、ちょうど、守谷慧さんが8〜9歳の頃ですから、母親の後ろ姿を小さい時から見ていたのかもしれませんね。そして、現在守谷慧さんは「国境なき子どもたち」の理事を勤めています。急逝されたお母様の跡を継いで理事になられてご活動しているということですね!

スポンサーリンク



 

死因は?「国境なき子供たち」の活動中に悲劇が!?

しかし、既にお母様は亡くなっているということで、「国境なき子どもたち」公式HPには下記のような文言が。

弊団体 専務理事の守谷季美枝(もりや きみえ)は、2015年6月下旬よりカンボジアへ出張しておりましたが、去る7月4日(土)に搬送先のタイ王国バンコク市バンコク病院にて56歳で急逝いたしました。

通夜および葬儀につきましては、ご遺族のご意向でバンコク市内ワット・アルン寺院にて執り行われましたことをご報告いたします。

ここに生前のご厚誼を深く感謝いたしますと共に、謹んでお知らせ申しあげます。

私ども一同、大変な驚きと悲しみの中におりますが、1997年の団体創立時から守谷が情熱を注いできた途上国の子どもたちへの教育支援を引き継いでいく所存です。(引用元:公式サイト

さらに調べていくと、死因は病気だと判明しました。

なんの病気だったかについて、詳細は明らかになっていませんが、56歳という若さを考えると、持病だったか、あるいは現地の流行病に倒れた可能性はあるかもしれませんね。

続報が入り次第、お伝えします。

スポンサーリンク



絢子さま守谷慧さん婚約内定の記者会見ライブ動画

絢子さまピンクのドレス!守谷さんピンクネクタイ!

15分にわたり行われた会見。絢子さまはピンクのワンピース姿に帽子、守谷さんはダークスーツにピンクのストライプのネクタイを着けて少々緊張した面持ちで会見に挑まれました。冒頭、記者の質問に答える前、6月18日に発生した大阪北部地震により被災された皆さまへのお見舞いの言葉を述べました。

プロポーズの言葉は?どのように呼び合っているの?

「初対面とは思えないほど話が盛り上がり、時間を忘れて楽しんだ」と言う絢子さま。今年に入り、食事後に守谷さんから突然のプロポーズがあったと言いますが、その時は一旦保留にしたものの、その後、「この人なら」とプロポーズを受けました。プロポーズの言葉は「二人の胸のうちに」(守谷さん)として明かされませんでしたwww2人は、「慧さん」「絢子さん」と呼び合っていると言います。

守谷さんは、一貫して乙ついた口調で話されますね。公で話すことに慣れているように感じます。
NPO理事であり、トライアスロンにも挑戦していると言うだけあって、肝が据わっているような印象ですね。

そして、10月29日、ついに結婚式が明治神宮で執り行われました。守谷季美枝さんも天国から見守られていたことでしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください