皇后両陛下が国民の祝福を受けるパレード「祝賀御列の儀」(日程は2019年10月22日)では、皇居から元赤坂の東宮御所まで新天皇パレードが行われる予定。11月19日に入った情報によると、国内自動車メーカーが使用されるとのこと、どこのメーカーに?ルートの候補は3つ、どこ?平成2(1990)年11月12日に挙行された「今上天皇御即位」の動画についても紹介しています。

スポンサーリンク




新天皇パレード「祝賀御列の儀」 ルート候補3つ

今回検討さているルートは以下の3つとのこと。

©NNN

第一候補は、青山通りを西に進む「平成の代替わり」と同じコース。第2候補は新宿通りを通る「皇太子ご夫妻のご成婚パレード」と同じコース。第3候補は、新たに提案されたもので桜田通りを南下して虎ノ門交差点を右折した後、「外堀通りを進むコース」。政府は、儀式などは平成を踏襲する方針を示していて、警備上の理由などからも最有力は第一候補の「平成の代替わりコース」だという。

スポンサーリンク




新天皇パレード「祝賀御列の儀」は祝日

10月22日(火)は、「即位礼正殿の儀」「祝賀御列の儀(祝賀パレード)」が行われ、この日は、1年限りの国民の祝日になるとのこと。

3 即位礼正殿の儀

⑴ 御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ儀 式として、即位礼正殿の儀を行う。 ⑵ 即位礼正殿の儀は、御即位の年の10月22日に、国事行為である国の儀式 として、宮中において行う。 ⑶ 儀式の事務は、内閣府が行う。

4 祝賀御列の儀

⑴ 即位礼正殿の儀終了後、広く国民に御即位を披露され、祝福を受けられるた めの御列として、祝賀御列の儀を行う。 ⑵ 祝賀御列の儀は、即位礼正殿の儀後同日に、国事行為である国の儀式とし て、宮殿から皇太子殿下の御在所までの間において行う。 ⑶ 儀式の事務は、内閣府が行う

スポンサーリンク




オープンカーどこのメーカーに?【祝賀御列の儀10/22】

まだ、30年も経たないのに、時代を感じる映像ですね。

国民がこんなに集まって、祝賀ムード。

今上天皇を乗せたオープンカー。メーカーは「英国車ロールス・ロイス」。93年の皇太子ご夫妻の結婚パレードでも使われ、この車種は馬車に近いイメージで設計されているといいます。約4000万円で購入されましたが、年式が古くなり、現在は走行不能の状態。修理よりも新たに購入した方がとのご決断。

天皇、皇后両陛下らが使用するリムジン型の御料車といえば、かつては日産自動車の『プリンス・ロイヤル』だったが、2005年にはトヨタ自動車の『センチュリー・ロイヤル』と続いておりましたが、オープンカーの発注先メーカーは今後、検討するとのこと。

国民の間では、密かに国民投票も

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください