日ハム 吉田輝星の契約金と年棒は?《ドラフト2018 指名名簿一覧》

2018年10月25、「ドラフト会議2018」(グランドプリンスホテル新高輪)が開催。今まで夢のステージを目標に戦ってきたプロ志願者たちを選出するということで、会場だけでなく、多くのプロ野球ファンたちを盛り上げてくれました!

ここでは、金足農業・吉田輝星投手、大阪桐蔭・柿木投手など、北海道日本ハムファイターズが指名した選手についてまとめてみました。また、気になるのは、吉田輝星投手の年棒と契約金、背番号ですが…果たして。

日ハム 吉田輝星の契約金と年棒、背番号は?

まだ、発表がありませんが、あの清宮幸太朗選手は、日ハムと契約金1億円、年俸1500万円の契約を結んでいますので、それよりも少し低いかなというところでしょうか。

続報が入り次第、追記します。

日本ハム指名選手|ドラフト会議2018

昨年のドラフト会議では、見事最大の目玉である”清宮幸太郎”を引き当てた日本ハム。例年「その年でNo.1の選手を指名する」と公言しているように、意中の球団を公言している選手でも獲得しにいく球団ですが、若手育成にとても力を入れており、それは野球ファンの中でもよく知られています。

そんな日本ハムですが、今回獲得した選手がまたもや豪華注目選手勢揃いとなっております!

1位から順番にご紹介していきますね。

1位指名 吉田 輝星(よしだ こうせい/金足農業高)

 


守備:投手

身長・体重:176㎝・81㎏

生年月日:2001年1月12日

所属:金足農業高

球歴:金足農業高

出身:秋田県

投・打:右・右

東北の期待を背負い、県立の星となった右腕。選手権準優勝に輝いた今夏は、類稀なるスタミナと唸る直球で、県大会初戦から準決勝までの10試合を1人で投げぬき、プレーもすばらしいが、ルックスもイケメンだと話題になっています。

2位指名 野村佑希(のむら ゆうき/花咲徳栄高)

 


守備:内野手

身長・体重:185㎝・90㎏

生年月日:2000年6月26日

所属:花咲徳栄高

球歴:花咲徳栄高

出身:群馬県

投・打:右・右

右の長距離砲。2年夏の甲子園では4番を任されて2本塁打を放ち優勝に貢献。3年夏にはエースで4番を任されて甲子園に出場し、2試合連続本塁打をマーク。高校通算58本塁打を記録しています。

 

3位指名 生田目 翼(なばため つばさ/日本通運)

 

 

View this post on Instagram

 

7月15日都市対抗野球 日本通運VSHonda熊本 日本通運 生田目投手 #都市対抗野球 #都市対抗 #東京ドーム #日本通運 #生田目翼

ryoさん(@ryo.0402)がシェアした投稿 –


守備:投手

身長・体重:176㎝・84㎏

生年月日:1995年2月19日

所属:日本通運

球歴:水戸工高ー流通大ー日本通運

出身:茨城県

投・打:右・右

最速155キロの速球派右腕。大学時代から注目されてきたが、肩の故障もあって指名漏れしており、入社後は力だけでなく、打たせて取る投球を身につけた。けん制やフィールディングも上手だと話題の選手です。

 

4位指名 万波 中世(まんなみ ちゅうせい/日本通運)

 


守備:投手

身長・体重:190㎝・87㎏

生年月日:2000年4月7日

所属:横浜高

球歴:横浜高

出身:東京都

投・打:右・右

投げては147キロ、打っては規格外の飛距離を誇る長距離砲。まだまだ粗削りながらも、恵まれた身体能力を誇る。プロでその才能を開花させることができるか期待ですね。

5位指名 柿木 蓮(かきぎ れん/大阪桐蔭)

守備:投手

身長・体重:181㎝・85㎏

生年月日:2000年6月25日

所属:大阪桐蔭高

球歴:大阪桐蔭高

出身:佐賀県

投・打:右・右

春夏連覇を達成した大阪桐蔭の背番号1を背負った本格派右腕。今夏の甲子園で最速となる151キロをたたき出した。スピードだけではなく、スライダーやフォークなどの多彩な変化球を織り交ぜて、緩急のつけたピッチングができるのも強みです。

 

5位指名 田宮 裕涼(たみや ゆあ/成田高)


守備:捕手

身長・体重:175㎝・70㎏

生年月日:2000年6月13日

所属:成田高

球歴:成田高

出身:千葉県

投・打:右・左

二塁送球1.9秒を切る強肩の持ち主。打っても今夏の東千葉大会は6試合で打率5割2分4厘、2本塁打、12打点。強打と勝負強さを発揮したり、スカウト6球団が来ている中、大活躍するなど、チャンスをものにするタイプの選手で今後の活躍が楽しみな選手です。

 

6位指名 福田 俊(ふくだ すぐる/星槎道都大)

 

View this post on Instagram

 

運命のドラフト会議は明日。 道内注目選手、2人目は星槎道都大・福田俊投手です。 MAX148キロのストレートを投げるサウスポーは、 去年秋、明治神宮大会でチームを準優勝に導きました。 「喋るのが苦手なので…」と 恥ずかしそうにしていましたが、 インタビューしてみると「プロで結果を残したい」と 力強い言葉が。 チームメートが「どんな大舞台でも緊張する姿を 見たことがない」ほどのタフな心も持ち合わせます。 多数の球団が調査をする中、果たして…。 明日のイチオシ!では、ドラフトの模様を 速報でお伝えします✊ #プロ野球 #ドラフト会議 #NPB #2018年 #福田俊 #投手 #星槎道都大 #サウスポー #横浜創学館 #MAX #148キロ #インタビュー #ありがとうございました! #イチオシ #スポーツ #HTB #アナウンサー #五十幡裕介

HTBアナウンサー 五十幡 裕介さん(@htb_isohatayusuke)がシェアした投稿 –


守備:投手

身長・体重:170㎝・75㎏

生年月日

所属:星槎道都大

球歴:横浜創学館高ー星槎道都大

出身:北海道

投・打:左・左

小柄な体ながらも最速148キロのストレートとスライダーで奪三振率の高い速球派サウスポー。昨秋の神宮大会では創価大を完封するなど準優勝に貢献した選手です。

まとめ

いかがでしたか?

日本ハムは斎藤佑樹選手や清宮幸太郎選手など、毎年その年の話題の選手を獲得していますね!
今年も注目選手大集合で、来シーズンが楽しみです!

おそらく2軍本拠地、千葉県の鎌ヶ谷球場からのスタートになると思いますので、こちらのイケメンルーキーたちに会いたい方はぜひ、鎌ヶ谷に応援しに行ってみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください