「忘却のサチコ」俊吾の声(声優)早乙女太一?ドラマ比較動画・キャストに抜擢

テレビ東京にて毎週金曜日深夜0時12分、ドラマ24枠の10月クール作品「忘却のサチコ」が10月12日より放送開始となります。本作は、1月にスペシャル版としてドラマ1話が放送され、続編が期待されておりました!

ところで、作品の中では、主人公・佐々木幸子の新郎役(婚約者役/結婚相手)である俊吾が結婚式当日に逃げてしまうというハプニングがありましたが、俊吾は声のみの出演で、正体が明かされることはありませんでした。

ネットでは、「俊吾(しゅんご)役の俳優は誰?」と、話題になっていますが、ドラマでは、多くの映画や舞台で活躍している早乙女 太一がキャスト(俳優)に抜擢!俊吾の声優を演じるのは、ドラマキャスト同様に早乙女太一なのか、実際の映像を比較してみましょう!

スポンサーリンク




「忘却のサチコ」俊吾の声(声優)は誰なの?早乙女太一?

では、実際に、1月に放送された「忘却のサチコ」から俊吾が登場した場面をどうぞ。

う〜ん、たしかにどこかで聞いたような、それとも新人さんかな〜
ところで、ドラマでは早乙女太一さんが俊吾役に抜擢されていたけど、彼の声と比較してみましょうか。

こちらが実際に、早乙女太一さんが、舞台「世界」でインタビューを受けた際の動画です。

うん、なんだか似ているような気がしてきた!

実際にネットで情報を探しても、俳優が誰だったのかというのは、特定されていないようです。

ここでは、早乙女さんだっと結論付けたいと思います。

スポンサーリンク




 

俊吾(しゅんご/早乙女 太一)|ドラマ『忘却のサチコ』俊吾の俳優

結婚式当日に失踪した婚約者。

料理上手でやさしくて幸子を大切にしていたが、「サチコ、すまない」の置手紙を誰とも知らぬ子役に渡して逃げてしまうのです。


(出典:ドラマスペシャル「忘却のサチコ」)

動揺し心配する周囲の人々ですが、当のサチコは平然と振る舞います。ですが、内心深く傷つき、いつものように仕事をこなすことが出来きません。ことあるごとに二人で過ごした日々を思いだし、とうとう泣きだしてしまいます。

頭の中が俊吾だらけで、まともな日常生活すら送れなくなったサチコに、ふと立ち寄った食堂で運命を変える出会いが待っていました。運命の相手はサバ味噌定食!サバと味噌の深い味に心を奪われ、気がつけば俊吾のことを忘れていたのです。


(出典:ドラマスペシャル「忘却のサチコ」)

おいしいものを食べれば俊吾さんのことを忘れることができる!そう思い込んだサチコは全国各地でおいしいものを食べまくります。俊吾のことを忘れる、忘却を目指す「忘却のサチコ」の物語が始まったのです。

原作漫画については以下の記事で詳しく書いています。

ドラマ「忘却のサチコ」最終回を漫画からネタバレ予想「俊吾はなぜ逃亡?結末がヤバい!?」

2018.09.29

スポンサーリンク




早乙女 太一(さおとめ たいち/1991年9月24日生まれ/27歳)

初舞台は1995年の4歳の時。小学生の頃からビートたけしに役者として目をつけられ、彼が本名名義(北野武)で監督する映画作品に起用された。銀幕デビューは2003年公開の『座頭市』。芸者姉妹の妹(弟)おせいの子供時代を演じた。その後、2005年には『TAKESHIS’』で本人の芸名でもある、早乙女太一役を演じた

現在は女形として舞台に立つほか、俳優、タレントとしても活躍しており直談判を経て2015年7月にLDHとマネジメント契約を結んだ。プライベートではモデルの西山茉希と結婚し、2児の父親として家族を支えている。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください