沢田研二の今(現在)若い頃イケメン画像や動画が別人!コンサート中止より衝撃事件と話題。

歌手・沢田研二さんが、17日、さいたまスーパーアリーナで午後5時から予定していた公演を、”契約上の重大問題”のために急遽中止にした件で、原発署名をホール内で行おうとしたために、事務所の契約違反になっていたことなどが批判を浴びていますが、同時に、若い頃の動画や画像がイケメンすぎるとこちらも話題になっています。ここでは、沢田研二さんの若い頃(昔)の写真とともに、その半生をまとめてみました!

スポンサーリンク




沢田研二 プロフィール

60代になりもうすぐ70代に突入しようとされていますが、パワフルに活動されている沢田研二さんのプロフィールから。

(出典:スポーツ報知)

  • 本名:澤田 研二
  • 別名:ジュリー
  • 誕生日:1948年6月25日
  • 生誕地:鳥取県鳥取市
  • 出身地:京都府京都市
  • 最終学歴:京都府立鴨沂高等学校中退
  • 所属事務所:渡辺プロダクション(1967年 – 1984年)
  • ココロ・コーポレーション(1985年 – )共同作業者:ザ・タイガー PYG

沢田さんは、京都のダンス喫茶「田園」でドアボーイのアルバイトをしている時にサンダースに声をかけられ、17歳の沢田はローディー兼ボーカリストになったことがこの世界に入ったきっかけ。そのステージを見たサリーこと、岸部一徳さんからリード・ボーカルとして誘われ、サリーとプレイボーイズに正式加入。

1967年2月5日にシングル「僕のマリー」でデビュー。

1960年代後半にはグループ・サウンズ全盛期からスーパー・スターとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上はなんと1,239万枚と1982年~1991年の9年間では歴代1位の座を保つほどの売れ行き。

スポンサーリンク




沢田研二 若い頃は甘いマスク(画像)で人気を一人総なめに。

1968年8月12日に日本で初めてのスタジアムコンサートに加え、ソロとしてのスタジアムコンサートは田園コロシアム(ザ・タイガース、PYGとしても開催)、大阪スタヂアム、ナゴヤ球場、横浜スタジアム、東京ドーム、京セラドーム大阪で開催するなどの人気ぶり。とりわけ端整で中性的な容姿から、貴公子的存在として10代の少女を中心に熱狂的な人気を博し、一躍国民的アイドルへ駆け上がったようです。

当時の写真というのが、まあ、美しい。

ハーフともいえる顔立ちと、それを目立たせる化粧から全盛期は、”Julie”の愛称で親しまれました。

(出典:ツイッターより)

沢田研二の今(現在)が若い頃と激差でヤバい!

スポンサーリンク




沢田研二、若い頃の動画がやばい!「勝手にしやがれ」

沢田さんの19枚目のシングルで、1977年に発売した「勝手にしやがれ」は、当時の年末の賞レースでも数々の舞台でこの曲が独占 していたようです。実際に、第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞、第10回日本有線大賞では大賞を受賞されています。

現在でも、1週間に1〜2回の頻度でコンサートを行っていますが、ファンも巻き込んだ事務所との軋轢、今回ばかりは、「勝手にしやがれ」とは言い切れませんよね。

コンサート中止の理由についてはこちらの記事で書いています。

沢田研二 コンサート中止、理由は原発署名で事務所の契約違反。

2018.10.18
元嫁の伊藤エミとの離婚理由は、女優_田中裕子との不倫と略奪愛だった!一人息子は?

澤田一人(沢田研二 息子/画像)元嫁 伊藤エミと離婚原因は田中裕子と不倫で略奪恋?

2018.10.18

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください