「週刊新潮」(2018年11月29日号)が、衝撃動画をスクープ!2015年12月20日、雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションが主催した忘年会で、パワハラが勃発!被害者の男性の顔を鍋に埋め、火傷を負わせたという。問題となった芸能プロダクションどこで、社長は誰なのか。

22日、被害者の男性が会見を行ったところによると、芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)と判明しました。社長は、増渕良亮氏とのこと。以下の記事で詳しく書いています。

増渕良亮【画像・MELM魚拓・しゃぶ鍋パワハラY社長】渋谷の芸能事務所が特定

2018.11.22

スポンサーリンク




週刊新潮:芸能プロ社長(雑誌『Popteen』の元モデル所属)どこで誰?名前は誰・事務所どこ?

22日、被害者の男性が会見を行ったところによると、芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)と判明しました。社長は、増渕良亮氏とのこと。以下の記事で詳しく書いています。

増渕良亮【画像・MELM魚拓・しゃぶ鍋パワハラY社長】渋谷の芸能事務所が特定

2018.11.22

こちらも話題です!22日(木)大谷翔平選手が結婚会見?匂わせ画像がヤバい!!

大谷翔平が狩野舞子と結婚会見?【画像|ブレスレット匂わせがヤバい】

2018.11.22

スポンサーリンク




被害男性・刑事告訴も視野【22日に会見】

なお、被害者の男性については、22日に、代理人の弁護士同席のもと、都内で、会見するという。刑事告訴に加えて、損害賠償を請求するとのこと。

動画も過去のものということで、当時は23歳。

当時は、「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」と若手社員ながら、やらざるをえなかったのでしょうか。

続報によると、

  • 社員の事件翌月の給料は8万円
  • 鍋に顔をつけられる前に、ビール15杯、レモンサワーをピッチャーで2~3杯飲まされていた

ことなどが明らかになっています。(参考:日刊スポーツ

 雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションが主催した忘年会で、そのパワハラは起こった。“加害者”は当時25歳の芸能プロ社長で、“被害者”は当時23歳の従業員。2015年12月20日の出来事である。

本誌(「週刊新潮」)が入手した動画に映っていたのは、頭を押さえられた従業員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃の様子だ。もちろん、コンロの火はついたまま。女性の悲鳴がひびき、苦悶の表情を浮かべた従業員はのけぞる……。

後遺症の残る可能性がある熱傷を負った従業員は、“社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていた”と当時を振り返る。

「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」

 一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答。従業員は刑事告訴も検討しているという。

「週刊新潮」(2018年11月29日号)

スポンサーリンク




傷害罪・殺人レベル「逮捕しろ」の声

こちらも話題です!22日(木)大谷翔平選手が結婚会見?匂わせ画像がヤバい!!

大谷翔平が狩野舞子と結婚会見?【画像|ブレスレット匂わせがヤバい】

2018.11.22

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ありなさすぎ、
    日本では このまま 数日間後 流れてしまいそう。
    中国のweiboまで拡散されてる、
    こんな奴 牢獄にはいらなかったら、
    どうしよう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください