小学生を含む男性3人、女性3人の計6人が遺体となって自宅(高千穂押方)発見された殺人事件。一家は、飯干保生(イイホシ・ヤスオ)さんの3世代家族が同居していたと見られ、家族全員の名前が判明。

犯人なのでしょうか、次男の名前は、飯干昌大(イイホシ・マサヒロ)さん(42)で、飯干さんの自宅の北東約2.5キロにある「神都高千穂大橋」で遺体となって見つかっており、自殺と見られるとのこと。

スポンサーリンク




高千穂 殺人事件の犯人は次男?飯干昌大(イイホシ・マサヒロ)名前と画像は?

6遺体が見つかったのは、飯干保生(イイホシ・ヤスオ)さんの住宅。

その後、同じ高千穂町内で、次男が町内の橋から飛び降り、死亡したことが判明。

「神都高千穂大橋」で26日午後4時ごろ、遺体が見つかっており、次男の飯干保生(イイホシ・マサヒロ)さん(42)の車がそばにあったとのこと。ただし、現時点では、次男が犯人なのか、遺体は次男なのかどうかについては、わかっていません。(参考:毎日新聞/朝日新聞デジタル

そのため、顔写真等も報道されていませんが、続報が入り次第、お伝えします。


次男が乗っていたとみられる車です。

この辺の橋は、すべて高いと噂です。

動機は、嫁とトラブルの可能性が浮上!

なお、続報によると、昌大さんの妻である美紀子さん(41)トラブルになっていたことが判明。

これが、殺害の動機なのでしょうか。

知人男性が、夫婦喧嘩を知って、その日、家に行っていたという情報もありました。

©26日放送「NEWSゼロ」

この知人男性とは一体、誰なのか。

スポンサーリンク




飯干保生(イイホシ・ヤスオ)家族全員の名前も判明!

なお、すでに家族全員の名前が判明しております。

  1. 家主:飯干保生(イイホシ・ヤスオ)さん(72)
    →牛の生産をしながら茶や米、シイタケなどを作っていた元JA職員
  2. その妻:実穂子さん(66)
  3. 次男:昌大さん(42)
    →26日午後4時ごろ、欄干下115メートルを流れる五ケ瀬川で性別不明の遺体がうつぶせで一部が水没した状態で見つかった。橋のたもとには、昌大さんが乗っていたとみられる白い軽乗用車が放置されていた
  4. 昌大さんの妻:美紀子さん(41)
  5. 昌大さんの長男:拓海さん(21)
    →建設会社従業員
  6. 長女:唯(ゆい)さん(7)
    →教頭によると、26日朝に登校してこないため、担任が自宅と両親の携帯電話に電話したがつながらなかった。教頭が自宅を訪ねても不在で玄関の引き戸には鍵がかかっていた。午後になって報道で事件を知った

次男の家族が住んでいたということですね。しかし、長男と長女が歳が離れていますね。

知人の男性は、松岡史晃(まつおかふみあき)さん

また、他の方も指摘しているように、当初、家には、6遺体があったと報道されています。次男の昌大さんは橋で遺体となって見つかっているわけなので、本来は5遺体と報道されるはず。残りの一人が気になりますね

→続報によると、もう一人の遺体は、次男・昌大さんの知人男性とのことでした。見慣れない軽トラというのが、その知人男性のものだったのでしょうか。現場では、事件当日の朝、軽トラが停まっていたのを目撃している人がいます。

→続報によると、この知人男性については、名前が、松岡史晃(まつおかふみあき)さんと判明したとのこと。

スポンサーリンク




通報したのは親族「トラブル心当たりない」知人男性が気になる!

もともと、事件の匂いがする家族だったのかどうかについては、気になるところですが、

まず、今回の事件は、親族の通報によって、発覚しています。

事件の一報は26日午前10時20分。飯干さんの親族からの通報だった。駆けつけた警察官が、民家の室内や敷地で倒れている6人を発見。県警は、遺体に外傷があったことなどから、殺人事件として捜査を始めた。朝日新聞デジタル

また、別の親族が、車で帰宅中の午後3時ごろ、道路を規制中の警察官に止められた。「事故か何かあったんですか」と尋ねたが、警察官からは「今は言えることはない」と告げられ、帰宅後、ネットニュースを読んだ娘から連絡を受け、事件を知ったという。

近くに住む男性によれば、

「今朝、見慣れない軽トラックが保生さんの家に止まっていて、誰か来ている様子だった。普通の家族に見えたので、信じられない」

と、話し、一家にトラブルは見られなかったという。

しかし、見慣れない軽トラというのは、少し気になりますね。

世間からは、「悪いけど・・・殺人犯で、自殺したと考えるのが妥当だよね?」「次男の昌大さんだけ、橋から川に飛び降りて死亡したと書いてたけど。。普通に考えたら、無理心中かな。いったい、この家族に何があったんだろう。被害者の小学生、可哀想すぎる。」「昌大さんかな…?見慣れない軽が来てたって目撃と駅近くに昌大さんの軽、川に遺体…。そう感じてしまった。」

と、事件に対して、少し、懐疑的なところもありつつも、自殺した次男が犯人ではないか、一家は無理心中だったのか、といった疑問の声が後を絶ちませんね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください