河野景子(花田景子)さんと、元貴乃花親方との離婚は、衝撃的でしたが、1995年に結婚する前に、女優・宮沢りえさんとの婚約会見が話題を呼んだ元貴乃花親方。破局理由は河野景子(花田景子)の略奪?

スポンサーリンク




貴乃花・宮沢りえ【婚約会見・画像や動画は】

先ごろ、鼻の右横にあったホクロを除去したことが話題になった、女優の宮沢りえさんですが、

実は、1992年11月、当時、20才ながら大関昇進を狙う地位に昇進した貴乃花(当時は貴花田)と婚約を発表したことで有名。

会見の動画はありませんでしたが、歌手活動当時の動画がこちら⬆️

「ふんどしルックのカレンダー」(89年)を発売し、そして200万部を売った「ヘアヌード写真集」(91年)、当時、人気絶頂だったという宮沢さん。たしかに、誰が見ても、魅力的なプロポーションと美貌の持ち主ですね。

しかし、婚約会見から2か月後、貴乃花が「愛情がなくなりました」と言って婚約破棄を発表。宮沢りえさんは破局の後遺症で激やせし、世間は、宮沢さんの肩持ち。

破局の原因は一体、何だったのか?

スポンサーリンク




貴乃花・宮沢りえ【破局理由は河野景子の略奪?】

二人が破局したのは、1993年の1月ということになりますが、その4ヶ月後には、が8才年上のアナウンサーの景子さん(54才)と結婚しています。

当時は、早すぎる破局に、裏で「りえママが泥酔して貴を罵倒したため」「若貴の母親である藤田紀子の過去をなじった」と、報道されましたが(参考:アサ芸プラス)。実は、そこに関わっていたのは、美川憲一さんだという。

宮沢りえさんの母親・光子さんは、2014年9月23日、肝腫瘍で65年の生涯を終えていますが、その時、告白した内容によれば、貴乃花に結婚をやめるように、母親・光子さんに吹聴していたというのです。

糖衣、宮沢りえさんは19歳、貴乃花20歳。若すぎる二人、そして、若すぎる宮沢さんの未来を案じて、動いてたというから美川憲一さんはさすがと思わざるを得ません。

1994年6月、兄の若乃花(花田虎上・46才)が客室乗務員の美恵子さん(48才)と結婚すると、

その後、問題となっていたのは、”嫁姑問題”でした。

「もともと紀子さんは美恵子さんはおかみに向いていないと判断し、景子さんの方に目を向けていました。しかし、部屋内の情勢が“二子山部屋はお兄ちゃんが継承”となっていくと、焦った景子さんが独立のために後援会の囲い込みを始めたといわれ、紀子さんと口もきかなくなっていったんです」(スポーツ紙記者)

もし、ここに宮沢りえさんがいたらどうなっていたのか、容易に想像がついてしまいます。

それだけ景子さんを慕っていたならば、今回の離婚を悲しいと感じているのは、藤田紀子さんなのかもしれません。当の本人たちは、”卒婚”とスッキリしているようですが。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください