ドラマ『黄昏流星群』あらすじとキャスト相関図!藤井流星の濡れ場があるらしい?

フジテレビ木曜劇場『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(10月11日(木)22時からスタート)に出演する女優・俳優陣のキャストの皆様と相関図をまとめています。

また、それぞれどのような役割・キャラクターを演じているのか、ドラマのあらすじになぞらえてご紹介しています。

ストーリーを追っていくと、どうやら、主人公である佐々木蔵之介の妻役を演じる中山美穂は弁護士・日野春輝演じる藤井流星と禁断の恋へ?

ドラマ関係者によると、「濡れ場が多めの台本をリクエストした」とのことで、『昼顔』を超える不倫、禁断愛で視聴者の心をつかめるのか、期待が持たれます。

この点についても詳しくご紹介しますね!

スポンサーリンク




ドラマ 「黄昏流星群」キャスト(登場人物)相関図
出演者 プロフィール一覧

原作に登場するキャラクター(登場人物)と、ドラマに出演する役者についてまとめています。それぞれの関係にも注目です。


まずは、キャスト同士の相関図から。

(出典:週刊ザテレビジョン)※画像はクリックで拡大可能です。

そして、美咲の婚約者にもかかわらず完治の妻で美咲の母親でもある真璃子と禁断の愛へ…弁護士・日野春輝演じるのは、ジャニーズWESTのメンバーの藤井流星さんです。

↓ 動画では真璃子に積極的に行かんとする日野春輝を藤井流星さんが好演。


やばいですね〜イケメン弁護士からの積極的なアプローチ。と、溶ろけちゃうな〜
マンネリ化しちゃった家族持ちの人妻というのは、こういう展開を実は、望んでいたり、望んでいなかったりするものでしょうか。

さてさて、それぞれどのような役割・キャラクターを演じているのか、ドラマのあらすじになぞらえてご紹介しています。

瀧沢完治 (たきざわかんじ)佐々木蔵之介|ドラマ『黄昏流星群』


<瀧沢 完治/佐々木 蔵之介> たきざわかんじ>

入社以来仕事一筋。コツコツと努力を積み上げ、 支店長まで登り詰めた銀行員。

恋愛の末一緒になった妻・瀧沢 真璃子(たきざわ まりこ/中山 美穂)とも 最近は会話が減り、としごろの娘・瀧沢 美咲(たきざわ みさき/石川 恋)との間には 距離ができてしまうが、平和な日常生活を受け入れていた。

そんなある日、理不尽な理由で、突然左遷宣告をされ、 ショックを隠しきれず、仕事一辺倒だった自分の人生に疑問を抱き始め、 どん底に突き落とされ、自分の人生を見失いかけていた。

そしてふとした思いつきで、単身スイス旅行へ、、、。 吹雪の中マッターホルンを目指しゴンドラに乗ると、 そこへひとりの日本人女性が、、、、、

品のあるたたずまい、知性溢れる女性、目黒 栞(めぐろ しおり/黒木 瞳)と 運命的な出会いを果たし、他人とは思えないほど意気投合する、、、。

☆佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ/1968年2月4日生まれ/50歳)

NHK連続テレビ小説などのドラマはもちろん、 自身のルーツとしている舞台にもほぼ毎年出演し、 数々の作品で圧倒的な演技力と存在感を魅せてきた実力派俳優。 今回王道のラブストーリーの主演は初ということで、 いつもとは違う、新たな魅力がみつかるのではないか。

瀧沢真璃子(たきざわ まりこ)中山美穂|ドラマ『黄昏流星群』

<瀧沢真璃子/中山美穂>たきざわ まりこ

夫を献身的に支え、一人娘を育て上げた専業主婦。 夫のとつぜんの単身旅行から浮気を疑うが、 娘や家族を思いこらえてきたが、 ふとしたきっかけで運命の恋に落ちていく、一人の女性。 しかしその相手は、娘の婚約者、、、。 つまり禁断の恋に落ちていく。。。

☆中山美穂(なかやま みほ/1970年3月1日生まれ/48歳)

1985年デビュー以来、歌手、女優として活躍。 1995年『Love Letter』、2010年の『サヨナライツカ』、 2012年の『新しい靴を買わなくちゃ』などの 話題の恋愛映画で主人公のヒロインを演じており、 1980年代から2000年代の主演ドラマ 平均視聴率20%越えを達成した唯一の女優となっている。 そして木曜劇場に出演するのは『眠れる森』以来の20年ぶりとなる。

目黒栞 (めぐろ しおり)黒木瞳|ドラマ『黄昏流星群』

<目黒 栞/黒木 瞳> めぐろ しおり。

一見するとミステリアスな雰囲気があるが、 実は母親の介護を地味に続けてきた、 孤独な独り身の女性あり、人生の黄昏期に、 新たな自分を見つけようと、単身スイスへ。 そしてマッターホルンを目指すゴンドラで 瀧沢 完治と出会い、意気投合するが、、、。

☆黒木 瞳(くろき ひとみ/1960年10月5日生まれ/57歳)

宝塚月組トップ娘役から演技派女優になって以来150作以上のドラマ、 40作以上の映画に出演、第21回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか 数々の受賞歴を誇る。 女優としてトップで活躍してきたのみならず、 昨今では、映画『嫌いな女』で監督デビューを果たすなど、 常に深い洞察力で芝居に取り組んできている。

日野春輝 (ひの はるき)藤井流星(ジャニーズWEST)|ドラマ『黄昏流星群』


<日野 春輝/藤井流星> ひの はるき。

有能な弁護士で、美咲の婚約者。 離婚を考えている真璃子に惹かれている自分に気付くが。。。

☆藤井 流星(ふじい りゅうせい/1993年8月18日/25歳)

ジャニーズにアイドルグループ、ジャニーズWESTのメンバー。 E-girlsのメンバーに妹がおり、兄妹ともに若者を中心に人気。 2013年『ミス・パイロット』では、お調子者の候補生、 2015年『ようこそ、わが家へ』ではストーカー疑惑をかけられる青年など 個性的な役どころを数々演じてきているが、 ラブストーリーで恋愛をする役を演じるのは、今回が初めてで、 優しくてスマートで 年下なのに頼れる男・春輝を演じる。

瀧沢美咲 (たきざわ みさき) 石川恋|ドラマ『黄昏流星群』


<瀧沢 美咲/石川 恋> たきざわ みさき。

瀧沢家の一人娘。 大手商社勤務でこれまで一度も両親に心配のかけたことがないしっかり者。 仕事一筋で家庭を顧みない父には反発しているが、 母とは一卵性母娘のように仲が良い。 日野 春輝(藤井 流星)との婚約が決まっているが、 実はそれには母にも言えない秘密が、、、

☆石川 恋(いしかわ れん/1993年7月18日生まれ/25歳)

『ビリギャル』の表紙モデル として一躍ブレイクし、 2017年雑誌『CanCam』の専属モデルとなり、 自身の夢を実現させ、さらに芸能界に入る一番のきっかけだった TGC出演という最大の夢も叶えた。 最近はドラマや映画を中心に女優業としても活躍。

川本保 (かわもと たもつ) 礼二(中川家)|ドラマ『黄昏流星群』

<川本 保/礼二(中川家)> かわもと たもつ。

完治の出向先の物流会社『萩野倉庫』の財務総務課長。 フォークリフト乗りから経理課長まで上り詰めた優秀な男。 その実、部長の椅子には銀行出向組が座ることに不満を持っており、 完治に対しても辛く当たってしまう。

☆礼二(中川家)(れいじ/1972年1月19日生まれ/46歳)

お笑いコンビ・中川家の ツッコミ担当。 バラエティーやドラマ、ラジオ、CMなど幅広く活躍している。

水原聡美 (みずはら さとみ) 八木亜希子|ドラマ『黄昏流星群』

<水原 聡美/八木 亜希子> みずはら さとみ。

バツイチの翻訳家。真璃子の大学時代からの友人。 おしゃべりで快活な性格から真璃子にとって良き相談相手。 なお、完治のことも学生時代から知っているため、 真璃子には、「早く離婚しなさい」と煽るが、、、。

☆八木 亜希子(やぎ あきこ/1965年6月24日生まれ/53歳)

元フジテレビアナウンサー。 フリーを経て、女優、タレント、キャスターと幅広く活躍。 直近ではテレビドラマ2016年『真田丸』、 2017年『カルテット』、2017年『陸王』などに出演。

徳田和夫 – 小野武彦|ドラマ『黄昏流星群』

< 徳田 和夫/小野 武彦>

完二の行きつけの居酒屋『一番星』の大将。 行き場を失いがちな完治の良き相談相手であり、 やがて栞も連れていくようになる。 しかしその正体は多くの噂がある謎多き人物。

☆小野 武彦(おの たけひこ/1942年8月1日生まれ/76歳)

俳優座養成所から文学座に入団。 ベテランのバイプレイヤーとして数々の作品に出演。

スポンサーリンク




ドラマ 「黄昏流星群」藤井流星は弁護士・日野春輝(ひのはるき)役の濡れ場があるって本当?

ちなみに、

ドラマ関係者によると、

「素肌を晒すシーンに中山は積極的で、濡れ場が多めの台本をリクエストしたという話も伝わってきますから期待大。

なんでも、若さを取り戻そうと、クランクイン前からボディーメークにご執心で、全裸での施術が有名な銀座の高級エステ通いを始め、ヒップアップとクビレ作り、バストアップまでの全身コースで30年前の美ボディーを取り戻したともっぱら。実際、撮影現場では、ツンと上を向いた推定Dカップのバストからフェロモンをまき散らしており、相手役のイケメン俳優も毎回、カタくなってしまう下半身のポジション取りに苦労しているようです」(ドラマ関係者)(週刊実話

というなんとも、
裏事情の裏みたいな話もあるのです。

中山美穂さんとの濡れ場あるある説ですね。
人妻悩殺。。。今に始まったことではありませんが、本作もお色気でお願いします。

ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』

ストーリーを追っていくと、どうやら、主人公である佐々木蔵之介の妻役を演じる中山美穂は弁護士・日野春輝演じる藤井流星と禁断の恋へ?

ドラマ関係者によると、「濡れ場が多めの台本をリクエストした」とのことで、『昼顔』を超える不倫、禁断愛で視聴者の心をつかめるのか、期待が持たれます。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は勤続28年の銀行マン。懸命に勤めた甲斐あり、若葉銀行新宿支店長にまで上り詰め、自他共に認める出世頭だった。優秀ゆえ、部下の女性から熱い視線を送られることもあるが、完治は応えない。不倫は出世の致命傷になるし、興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)もその点は完治を信用し、ずっと支え続けている。働き詰めの完治と時間をあまり共有出来ない真璃子の生きがいは娘、美咲(石川 恋)。その状態がもう20年以上続き、夫婦にはそれが日常になっていた。  そんな中、真璃子は美咲から、近々恋人の日野春輝(藤井流星)を紹介したいと言われ、ショックを受ける。自分から娘を取ったら何が残るのか、そしてこれから先どうすればいいのか…。

一方、最優秀店舗賞まで獲り、すぐにでも本店への昇進かという完治にも思わぬ出来事が起こる。出向を言い渡されてしまったのだ。派閥長の不祥事の巻き添えで自分は切られた、と知った完治は、街を彷徨い場末の居酒屋でボロボロに飲み潰れる。そんな完治は目の前のグラスの氷を見て、ふとあることを思いつき…。

数日後、完治の姿はスイスにあった。真璃子には出張だと嘘をつき、一人で来てしまった。しかし、生憎の悪天候でマッターホルンには登頂はもちろん見ることも出来ない。それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。吹雪の中、自分一人だと思っていたゴンドラに日本人女性目黒 栞(黒木 瞳)が乗り込んできて…。

(隠喩:公式サイト

ドラマ 「黄昏流星群」原作紹介

ちなみに、原作は、弘兼憲史の人気コミックです。

全57巻の圧倒的ボリューム。本作は、濡れ場なしには描けないストーリー展開で、セカンドライフを生きる男女の、最後の恋を描いた作品として知られているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

佐々木蔵乃介さん×中山美穂さん×黒木瞳さんという超大人の恋愛ドラマ「黄昏流星群」。

『昼顔』を超える不倫、禁断愛で視聴者の心をつかめるのか、期待ですね!

こちらでは、ロケ地についてご紹介しています。

ドラマ「黄昏流星群」ロケ地 スイスは長野!あらすじ/原作漫画が禁断すぎてヤバい!

2018.10.11

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください