11月19日放送、フジ「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜23:00〜)では、ノスタルジーバスの旅あんこマニア必見!!企画

  • 川田アナお薦め麻布老舗の豆大福・どら焼き「亀澤堂 (かめさわどう・麻布十番)」
  •  ピエール瀧お薦め喫茶店「ラドリオ/LADRIO((神保町)」のナポリタン
  • 千駄木の駄菓子屋さん

お店の場所はどこだっけ??

スポンサーリンク




どら焼き「亀澤堂 (かめさわどう・麻布十番)」|「石橋貴明のたいむとんねる」(11/19)

番組中盤に登場したどら焼き。

昭和7年創業から80年続く亀澤堂 (かめさわどう) (麻布十番/和菓子)さんのどら焼きでした。

和菓子司 亀澤堂

昭和7年に麻布十番で創業し、現在の葭原さんで三代目。歳時記などで変わるディスプレイは、街ゆく人々を和ませてくれる。麻布十番のお土産物なら、小豆あんをぎゅうひで包み、ケシの実をたっぷりまぶした香ばしい麻布遊と、ほんのり桜色がかわいらしい白あん入りの十番餅がおすすめ。夏はかき氷がある。

店舗情報

港区麻布十番1-11-11
TEL:03-3589-4371
10:30~19:30
火曜休

»店舗情報はこちら

スポンサーリンク




喫茶店「ラドリオ/LADRIO((神保町)」のナポリタン|「石橋貴明のたいむとんねる」(11/19)

ナポリタンも美味しそうでしたね^^読書しながら楽しみたいな〜

昭和24年創業の『ラドリオ』は、歴史ある喫茶店の多い神保町でも、もっとも老舗のひとつとして知られているようです。

スペイン語で「レンガ」を意味する店名の通り、. 古風で重厚なレンガ造りは「昭和モダン」という言葉がぴったりの、じつに趣きのあるたたずまい。

ラドリオ/LADRIO

かつての経営者がシャンソン好きだったことから、長らく「シャンソン喫茶」として親しまれてきたが、代が変わった現在では、BGMにジャズも流している。また、コーヒーに生クリームをのせた、いわゆる「ウィンナー・コーヒー」を日本で初めて提供した店としても有名。その濃厚かつフレッシュな味わいを目当てに、はるばる遠方から訪れるファンも多い。

 夕方からはバータイムがスタートし、まさに「大人のための空間」となる。神保町にゆかりのある推理小説家・逢坂剛氏が、ここで直木賞の発表を待ったという逸話も伝わるほど、作家や文化人に愛され続けてきた『ラドリオ』。数々の名士が座ったというカウンターの止まり木にゆっくり腰を下ろして、この街の歴史に思いを馳せてみたい。

店舗情報

所在地: 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目3

時間: 開店時間: 火 11:30

電話: 03-3295-4788

スポンサーリンク




団子屋「高砂家/たかさごや(目白)」|「石橋貴明のたいむとんねる」(11/19)

昭和9年創業という老舗和菓子屋・目白の高砂家さん

みたらし団子1本130円. 一緒にお赤飯も購入できるという。

店舗情報

所在地: 東京都新宿区下落合3丁目20−2

電話: 03-3951-9211

駄菓子屋「木村屋(千駄木)」|「石橋貴明のたいむとんねる」(11/19)

店舗情報

所在地: 東京都文京区千駄木3丁目40−19

時間: 開店時間: 火 12:30

電話: 03-3821-2010

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください