東映が謝罪(動画)理由がヤバい!観客5000人かめはめ波してる場合じゃない!

「招待状来たのに、入場拒否されました」14日に東京・日本武道館で行われた12月14日公開のアニメ映画『「ドラゴンボール超 ブロリー」ワールドプレミア in 日本武道館』の試写会にて、「当選」したのにも関わらず一部のファンが入場ができない事態に。実際の試写会では声優も終結して、5000人規模のかめはめ波を浴びせたイベント。そんなことやっている場合なのか。

スポンサーリンク




東映が謝罪!理由は、運営会社の入場制限

イベントは公式サイトにて1000組2000人を募集し、別サイトなどの「試写会プレゼント企画」の招待人数をあわせて観客5000人を想定。

しかし、当日になって、「弊社の予想を大幅に上回るお客様にご来場いただいたため、運営側で混乱が生じ、一部のお客様のご入場をお断りする事態となりました」と説明があったようです。

その間、SNSでは、「ドラゴンボールの試写会当たって武道館来たが、入場列に並んでいたところ満席のためと入場規制が掛かった」「30分以上並ばされて満員で入れません」「招待状来たのに、入場拒否されました」などの不満をツイートされ。

ということは、当選していない客が入っていた可能性もあるということなのか、それとも単純に席数が足りていなかったのか。

スポンサーリンク




当日のイベントでは、声優大集結!観客5000人とかめはめ波

ファンに配られた招待状には「開演後、または満席の際は消防法の規定により、入場をお断りいたしますので予めご了承ください」と記載されていたようで、”この攻撃”には、不可抗力なのが痛いですね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください