ワールドトリガー ネタバレ 最新 169話|画バレあり「鈴鳴第一の作戦詳細!!ついに合流?」

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2013年11号より連載中、葦原大介による『ワールドトリガー』 (WORLD TRIGGER) の最新・169話のネタバレを含む内容と感想についてご紹介。168話のあらすじについても書いています。

来週から、「ジャンプSQ.」2019年1月号(12月4日発売)に移籍です。また、最新コミックス19巻も同日に発売予定。

スポンサーリンク




前回のあらすじ ワールドトリガー(ワートリ)169話 最新話

鈴鳴第一VS影浦隊が激突!影浦、ゾエさんのコンビネーションで劣勢に思えた鈴鳴第一だったが来馬のW追尾弾により形成逆転。そして修VS小荒井.奥寺戦では影浦隊のユズルが参戦し修がさらに劣勢になる。

乱戦の中、太一の電源操作によりショッピングモール内が停電。その瞬間、修のトリガー目掛けてユズルが狙撃、修は深い傷を負ってしまう……。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月19日号

ネタバレ(画バレ) ワールドトリガー(ワートリ)169話 最新話

 『玉狛第2(22)』

©︎『週刊少年ジャンプ』11月26日号

  ー3日前 鈴鳴支部ー

つぎの試合に向けて作戦会議をする鈴鳴第一隊のメンバー

今のままでもB級上位で通用しているが、試合によっては押し負けてしまったり射撃重視の新陣形も対応されてしまうと感じ、新しい作戦を練る。

鋼「『うちだけが他の部隊より有利が取れる方法』….を探るってことですね」

来馬「うんそうだね」

太一「よそんとこのオペレーターに毒を盛るとかっすかね?」

「理屈はあってるけど発想がおかしいわ」

「次の試合もうちにMAP選択肢があるから、普通に考えれば地形戦がらみかしらね」

来馬「地形戦か……でも次は、影浦隊も玉狛第二もうちと似た編成だから差を出すのはなかなかむずかしそうだね…..」

太一「あ!それだったら、おれ前からやってみたかったことがあるんすけど!」

来馬&鋼「……….?」

©︎『週刊少年ジャンプ』11月26日号

スポンサーリンク




ーショッピングモール 鈴鳴第一隊VS影浦隊ー

戦場を店内へ移した影浦隊と鈴鳴第一。狭さと障害物の多さから影浦の死角を狙った攻撃が地の利を得る。さっきまで効果的だった来馬のW追尾弾による攻撃も封じられている。

攻守再逆転し影浦隊が有利になるかと思われたが、太一のスイッチョフによって店内の照明が消える。

鈴鳴第一は視覚支援により暗闇の中で攻撃を繰り出す。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月26日号

結束「モール内が停電…..!?」

犬飼「どうやら鈴鳴の太一くんが向かってたのは、1階の『電気室』だったみたいだね』

嵐山「鈴鳴の3人には『暗視』の視覚支援が入ってますね」

嵐山「暗闇で有利を取るために、オペレーターとタイミングを合わせて灯りを消したのか」

結束「…..なるほど!じゃあ『黒い弧月』は暗闇で太刀筋を隠すためのものだったんですね!」

混乱する影浦隊だが、オペレーターのヒカリにより暗視の視覚支援を受ける影浦とゾエさん。条件は五分に思えたが、太一がすぐに電源をONにしモール内は明るくなる。

その瞬間、目が眩んだ影浦は鋼の攻撃をもろにくらってしまう。かろうじて急所は外したが左腕の伝達系が切断されトリオンが多く漏出してしまう。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月26日号

影浦隊のユズルが電源のON、OFFをしている太一を狙いに行くがレーダーに映ってないため分電盤を直接狙う。しかし壁トリガーが発動し反撃ならず。

しかしゾエさんが、店内の電気系統を破壊しON、OFFをできなくする。

結束「より大きなダメージを負ったのは影浦隊!さあここからどう動くか?」

犬飼「うーんまあふつうに考えれば、ゾエの炸裂弾で壁壊してモールの外に出るとこだけど」

犬飼「今回は東さんや玉狛の雨取ちゃんの居場所が割れてないから、不用意に出て行く行動は取りづらいとこだよね」

結束「たしかに東隊長がモール内にいることは、他の部隊はまだ知らないはず」

結束「『外に出たら狙撃手に狙われる』という意識はあるかもしれませんね」

ーショッピングモール内 通路ー

三雲「電気が点いたり消えたり……、どこかの部隊がコントロールしてるのか…….!?」

宇佐美の支援により東隊の小荒井&奥寺から逃げ切った三雲

スポンサーリンク




ー配電盤前ー

モール内の電源を操作している太一の元に誰かが向かう。太一が逃げようとした瞬間、エスクードによって捕まってしまう太一。

そこには合流を果たした空閑とヒュースの姿が!!?

©︎『週刊少年ジャンプ』11月26日号

感想 ワールドトリガー(ワートリ)169話 最新話

鈴鳴第一の回想がはじまった169話。鈴鳴第一は現状を打破するために新しい作戦を練ってました。戦いの流れ的に太一の「よそのオペレーターに毒を盛る」作戦ではなくて安心しましたwwふざけてるようで結構真面目に考えてる太一、今回の電源オンオフ作戦も単純だけど戦いの流れを大きく変えてるのですごいぞ太一!!

今回の試合のメンバーで強者候補だった影浦がまさかの序盤敗退フラグがたっていて先が読めない展開になってます。

小荒井、奥寺、ユズルに狙われ敗退フラグがたっていた修はなんとか逃げ切ったし、最後には空閑とヒュースが合流してたので三雲隊が一気に動き出す模様。

まだ動きを見せない雨取や東の行動が気になります!!

ワールドトリガー最新刊18巻は、U-NEXTFODにて配信中。U-NEXTでは、無料登録時にもらえる600ポイントで、無料で読めてしまいます!U-NEXT、FODについて、詳しくは以下の記事で書いています。

U-NEXTで視聴できる作品と特徴スペック比較!感想「実際に1年以上使ってみた」

2018.09.13

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください